居抜き店舗 とは、これで十分 居抜き物件の意味 とまとめ

居抜き店舗 とは

とは

居抜き店舗 とは

  • 飲食店などテナント利用していたままの状態
  • 電気や空調設備がそのままである
  • 間仕切りやレイアウトや内装造作がそのままの
  • カウンターやテーブルや家具など以前のテナントが利用したまま

つまりすぐに営業できる状態で貸し出もしくは売買される不動産物件を意味します。

居抜き店舗 の特徴

現在流通しているものには居酒屋、レストラン、カフェなど、飲食店の居抜き店舗の物件が多くヘアサロンやクリニックなどの商業物件も最近では出回り始めています。

今すぐ居抜き店舗の情報を知りたい方は次のリンクで該当ページをご覧ください

居抜き店舗 が出回る背景

この背景には、店舗物件などの事業用不動産は原状回復工事でスケルトンに戻すことが当たり前だったことがあげられます。
スケルトン物件は設備や造作にお金がかかるという理由で一等地以外は空室期間が長くなるようになりました。
そこに初期投資が抑えられる居抜き物件が登場し、すぐに借手が見つかる手法として注目されることとなったに、また大家さんにとっても賃貸借契約にある原状回復義務も引き継がれますので使い分けることが可能です。

居抜き店舗 が出回る背景

ここでは店サポで紹介している「 居抜き店舗 」の記事を目次形式でご紹介いたします。

2017年3月28日記事追加

居抜き店舗 入門編から

飲食店で独立、開業を考えている方にとって、少ない初期投資と工事にかかる時間が短縮できることで開業準備期間が短くて済む居抜き店舗は絶好の物件。
簡単、すぐに始められるからと言っても最低限必要な準備と開店に向けての心構えは必要です。

2017年10月13日記事追加

居抜き店舗 のケーススタディを学ぼう

居抜き店舗 のケーススタディを学ぼう

居抜き店舗についての基礎知識が身についたら、次はご自身が目指す業種やスタイルとの親和性を物件ごとに確かめる必要があります。

また不動産は開店する場所により手続きが異なることを知り、開店後に必要となる手続きは事前に決めておきましょう。

居抜き店舗 を造作譲渡する 売買する場合

居抜き店舗で一番トラブルが起きやすいのが店舗不動産に付随する内装や設備などの資産譲渡や売買です。一般的に造作譲渡と呼ばれることが多いようですが、言葉の意味や譲渡、売買の基本ルールをしっかり勉強してください。

何も知らないと悪徳業者の餌食になりかねません。

居抜き店舗 の造作・設備を利用する場合

いくら居抜き店舗は手軽に飲食店を始められると言っても最低限手直しや改造すべきポイン、つまり内装や造作を改造するうえでも最低限知っておきたい知識が必要です。

何も知らないで買ってしまった後からだと設備工事に費用がかさむ可能性があります。

居抜き店舗 で閉店する場合

居抜き店舗 で閉店する場合

開店前から閉店に関する知識は必要ないという方が多いのですが、居抜き店舗を契約する際にこの知識がないと不利な契約を結ばされる可能性があり、実際にその時をむかえた時に後悔をする方が数多くいらっしゃいます。

2017年1月19日記事追加

居抜き店舗 を賃貸する場合

居抜き店舗のサブリースという契約形態、本当の大家さんではなく、大家さんに変わって不動産にまつわる面倒をキチンと見てくれる存在。
残念ながら、間違った理解をしている不動産会社や大家さんも多く最初に先入観なく覚えておいて欲しい内容です。

居抜き店舗 を利用するまえに知っておきたい飲食店情報

飲食店店舗を利用する前に、そもそも飲食店に関する知っておいて損はない情報をご紹介いたします。
2017年10月13日記事追加

居抜き店舗、居抜き物件 の情報のことなら

居抜き物件、居抜き店舗の情報、インターネットで検索をしてもさまざまは不動産会社、専門業者から情報の提供や開示があります。
今ご覧になっているアソルティの店サポでは居抜き物件、居抜き店舗の情報をいち早くお知らせいたします。しかもまだどこにも掲載されていない居抜き店舗の情報は店サポでご紹介。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加