飲食店の売却こうやって決まる 居抜き店舗 売買相場とお店売却方法

Photo credit: asirap via Visual Hunt / CC BY-NC-SA

Photo credit: asirap via Visual Hunt / CC BY-NC-SA

飲食店の売却こうやって決まる 居抜き店舗 売買相場とお店売却方法

飲食店を経営なさっている方はご自身のお店がどれほどの価値があるのかを知りたいと思われるようです。また、どのようにして価格が決まって行くのかよくご質問を頂くところです。これまであまり語られてこなかった飲食店の居抜き店舗物件売却相場についてそのメカニズムに迫りたいと思います。

【これで十分】居抜き店舗 とは? 居抜きの意味

売却価格を構成するもの

一口に居抜き店舗売買といってもいくつものパターンが存在します。すぐにでもお店が開ける状態の物件でも開店後数ヶ月と言うものもあれば、10年以上営業をした物件や既に閉店して厨房機器などがない物もあります。

また、明け渡しの状態も様々です。年数が経っていても毎日スチームで床清掃を欠かさなかったお店もあれば、一度も掃除をしたことがなく厨房機器の隙間などいたるところにゴキブリの死骸が放置されているものまであります。つまり1つとして同じものは存在せず、営業してきた業種、営業年数、店舗の大きさ、厨房設備などまさに千差万別です。

この規格ものでないすべてがワンオフの居抜き飲食店舗物件はどのようなプロセスを経て売却価格が決定されるのでしょうか。よくお話に出るのが、スケルトン(床、壁、天井、電気・給排水設備の無い躯体が剥き出しになった状態)で借りて一から造作を施したお店でその工事代金が1,000万円かかった、2,000万円かかったという方からは営業年数にかかわりなく数百万円の売値を希望されるケースがよくあります。後程お話しするケースを除けばまず売却不可能か若しくは売却までに相当な期間を要することとなります。

では、飲食店舗の売却価格は何によって構成されているのでしょうか。

主要な要素は3つ

  ・立地

  ・規模(部屋型)

  ・清潔感

飲食店舗の造作売買 たった10日で売れる仕組みとは

なんだ厨房機器や内装に値段がつくのではないのかと言われそうですが、確かに価格を決める要素の一つではありますが価格を大きく左右すると言うものではありません。やはり飲食店をやっていく上で立地は最大の要因となります。

ナショナルチェーンが駅前立地でどうしてもお店を出したいと言う時に20坪ほどの飲食店に1,000万円近い買取り金額を提示することがあります。賃料を吊り上げて借りるとランニングコストがアップして店の経営に直接響きますが、居抜き店舗の造作代として支出した金額はお店を作る内装費のようなものですから資産として帳簿上は残せるので高額なお金が出せるという仕組みです。つまり、その場所が欲しい人が多いほど飲食店の売却価格は高くなるのです。売却価格が高額でも売れるケースは大抵このパターンです。

次に規模です。個人の方で30坪や40坪と言ったサイズのお店を始める方は少数派だと思います。ご自身が厨房に立たれるのであればアルバイトを1人、2人雇ってもせいぜい10坪前後から15坪程度が店を回せる規模ではないかと思います。事実このサイズの需要が一番あります。

また、同じ大きさでも部屋の形の良し悪しが売却価格に影響してきます。変則な形だと思うように席数が取れないことがあります。規模が小さいだけに1席、2席が増えるか増えないかは死活問題です。間口が狭くて奥に長い部屋型よりは間口の広い物件の方が好まれる分値段も高くなります。

3つめは清潔感です。少々あいまいな表現に聞こえるかもしれませんが、お店をこれから開こうと思っている方にとっては最初のイメージは大変重要です。10年以上営業してこられたお店でも毎日客席や厨房を磨き掃除をしてこられたお店は古さを全く感じさせないものです。そんなお店をいくつも見てきましたがやはり早くあまり値下げ交渉も入らないまま商談が成立して行きます。

飲食店 初めてでも大丈夫 居抜き店舗 購入の abc

売却価格の相場は

飲食店舗の売却価格が内装や厨房機器の値段だけで決まるものではないとご理解頂けたと思います。さて次はその価格決定の要素を考えて見ます。

飲食店舗の居抜きと呼ばれるスタイルが今ほどポピュラーでなかった2010年前後頃は物件も少なくマーケットは今と違い売手市場でした。買い手の方もスケルトンから造ること考えると半額で収まるならと20坪前後のお店に400万、500万円というお金を払ったものです。その後居抜き物件情報が世の中に出回るようになり、居抜き物件を紹介する専門のポータルサイトや居抜き店舗を専業にする不動産会社が増えるにつれ徐々にその価格は下がってきました。

では現在店舗売却の相場はどのようにして作られているのでしょうか。

実は、自己資金や借入金額と密接な関係にあります。

初めて飲食店で独立、開業をされる方の平均的な開業予算は500万~600万円が一般的です。ではその中身を見て見ましょう。

<シミュレーション> 20坪、賃料20万の物件で考えて見ましょう。

・敷 金 120万円

・礼 金  40万円

・手数料  20万円

・運転資金100万円

・改装費 100万円

合 計 380万円  残額120万円(220万円)

残額に相当するのが店舗を買い入れる金額となります。都内飲食店で一番物件数が多いのが10坪前後から25坪ぐらいまでです。このサイズを求める人たちが出せる金額にマーケットに出てくる居抜き店舗の売却価格が近づいてきたと考えるのが自然です。一般的に売却物件の相場は、100万円~250万円ぐらいが相場と言えるでしょう。その価格を左右するのが立地であり規模あり見た目の清潔感なのです。

今後の売却相場について

日銀のマイナス金利の継続が決まりました。これにより金融機関は集めた預金を日銀に預ける際にお金を取られてしまうことになります。つまり何らかの方法で運用しないと銀行はジリ貧となるのです。金融機関の中で唯一開業前にお金を貸してくれる日本政策金融公庫も同様で、予算を事業活性化、景気浮揚の為に貸し付けなければ存在意義が問われることとなっています。これまで自己資金の額や保証人の有無など厳しく制限してきた公庫も今や貸付額の1割の自己資金で融資してくれるようになりました。先程の開業予算が500万円だとしても50万円手元にあれば450万円まで借り入れることが可能です。借入金利も2%程度ですので年間9万円程度です。

カードローンが所得証明なしでも300万円まで借りられますと宣伝しているのと同様に

300万円までの融資は各支店で決済できるので比較的楽に借りられるようです。つまり低金利が続く間は飲食店舗の売却価格はそうは下がらないでしょう。逆に金利が上昇して独立、開業をする人が借入額を抑えるようになると売却額は下がるものと思われます。売るにしても買うにしても双方にとって良い環境が当分続くと思われます。

飲食店 知らないと損する 「未公開物件」の落とし穴

保存

物件情報

お店をはじめよう 業種を決める ライフスタイル 相談する 開業情報 お金

  • このエントリーをはてなブックマークに追加