「 貯め て」から開業するか「 借り て」から 開業 するか

Photo credit: eldeeem via VisualHunt / CC BY-NC-SA

Photo credit: eldeeem via VisualHunt / CC BY-NC-SA

開業を志す方は最初に悩むところだと思います。

自分のお金に拘って、十分な貯金で始められる方もいれば、少ない手元資本で可能な限り 借り 入れを起こし出店される方までお金に関してはそれぞれのお考えがあろうかと思います。

ここで一つシミュレーションを行ってみましょう

手持資金:200万円・・・今このお金があります。

仮に出店総費用:500万円・・・物件取得費、運転資金などを含む

  • 「 貯め る」派

出店に必要な資金は、300万円ほど足りません。単純に月々5万円の貯金とボーナス時に10万円×年2回とした場合、年間80万円となり「3年9ヶ月」の年月がかかります。

  • 「 借り る」派

必要な資金300万円を72ヶ月の分割払い、最初の1年間は金利のみの支払い条件だとすると、300万円を60回分割で月々5万円。金利が年3%で 借り 入れたとして当初月々で7,500円の計算となります。最初の1年間は金利分だけの月々7,500円の返済、2年目から元本を含めた月々57,500円となります。

両者を比べてみます

貯め る派がせっせと月々5万円(ボーナス分を入れると月々6,6000円)を貯めている間に 借り る派は同額の支払いをしながら実際にお店を経営することになります。つまり、ほぼ同額のコストで、すぐに 開業 をするか、3年9ヶ月後にするかの選択と言えます。

低金利の今、銀行に預金して増えた利息もATMの時間外利用料で1年分なくなってしまうような時代です。お金を 借り るということは取りも直さず時間を買うということです。なにか事を始めるのに遅すぎるということはありません。ここは何方が自分に合っているかじっくり考えてきてください。

分かったこと

誰しもお金を 借り ることへの不安や抵抗はあるものです。

ただ、貯蓄額=返済額というのなら融資を受ける決断が今の時代に合っていると思います。例えて言うなら、マンションを借りて月々家賃を払うのか、同じ金額でローンを支払うのかという話と似ています。あなたはどちら派ですか?

物件情報

お店をはじめよう 業種を決める ライフスタイル 相談する 開業情報 お金

  • このエントリーをはてなブックマークに追加