日本政策金融公庫 その1( 融資相談 )

融資

開業前にお金を貸してくれる唯一の金融機関 日本政策金融公庫

日本政策金融公庫 とは、名前が表すように財務省管轄の特殊法人です。もともと国民生活金融公庫と中小企業金融公庫が一つになったもので、国民の生活向上、中小企業育成を看板に掲げています。実は、この 日本政策金融公庫 はどの金融機関にもない大きな特徴を持っています。それは、 開業前 にお金を貸してくれる唯一の金融機関だということです。ここが最大のポイントです。

融資の内容は2種類ある

融資の内容には二種類あって、それぞれに 融資 枠が設けられています。設備投資で最大3,000万円まで借入可能です。もし居抜き物件で設備投資がかからないので運転資金だけというと1,500万円が上限となります。

  • 設備投資(店舗の内装、厨房機器等)に必要なお金
  • 運転資金(賃料、人件費、材料費等)に必要なお金

まずは最寄りの支店へ行ってみる

さて、実際の融資はどのように行われるのか見てゆきたいと思います。
最寄りの 日本政策金融公庫 支店、ご自身が住んでいるエリアでも実際にお店を出そうと考えているエリアの支店でもどちらでも大丈夫です。予約なしで突然伺っても大丈夫です。

カウンターで下記などの質問があります。

  • 何を始めるのか、
  • これまでの経歴はどうか、
  • 自己資金はどれぐらいか、
  • 借入金は設備資金、運転資金どちらにいくら位か

その回答次第で丁寧に申込や提出書類の書き方などを指導してくれます。最後に資金借り入れの申込書が手渡され、必要書類の説明があります。

書類をそろえて再訪問する

つぎに、記入も済み、書類がそろったところで再度JFCの窓口へ借り入れの申請に正式に伺います。その日も予約なしで大丈夫ですが、 日本政策金融公庫 のホームページを見ますと事業所の所在地により本店、支店が決められています。これに従い本支店を選ぶ必要があります。創業の資金借り入れは国民生活事業の窓口に行ってください。

嘘は禁物、融資担当から自己資金の証明を迫られる

開業前にはいろいろと書類の準備が大変です。書類を提出してから1週間程で融資担当が決まり、その方から電話が入ります。面接の日時通知と追加資料の指示があります。ここで実は「ドキッ」とされる方がいらっしゃるかもしれません。自己資金をどのように工面したかを証明するものを要求されるからです。

コツコツ積み立てた預金通帳や生命保険の解約書類、相続したお金か、贈与を受けたのかいずれにせよお金の出所がわかる書類を求められます。もしどこかで一時的に借りたお金を通帳に入れて自己資金だと言っても信じてもらえないと思います。

小細工は危険ですが、本人が本当に自由になるお金を何らかの方法で工面してきたのなら、ちゃんと経緯が分かるよう説明すれば信じてもらえるはずです。くれぐれも嘘は禁物です。

それ以外には、他の借り入れが分かるもの、住宅ローンや自動車ローンなどの残額が分かるものが求められます。

日本政策金融公庫 その2( 最短コース )も併せて御覧ください。

日本政策金融公庫 その2( 最短コース )
融資を受ける前に準備すること これまで独立・飲食店開業に向けて頑張ってきた経歴と事業の中身がメインとなります。特に、新しく始...

物件情報

お店をはじめよう 業種を決める ライフスタイル 相談する 開業情報 お金

  • このエントリーをはてなブックマークに追加