飲食店 ゴールデンウィーク の 従業員・アルバイト 不足 を解消する方法とは

飲食店 ゴールデンウィーク の 従業員・アルバイト 不足 を解消する方法とは

ゴールデンウィーク と言えば、住宅街やオフィス街立地の 飲食店舗 を除いて、猛烈に忙しくなることを耳にします。売上も良ければ通常の数倍以上を見込むことが出来るなど、経営者からするととても有難い数日間です。さらに今年は2日休みをとると最大で9日間もあるため、より一層潤いのある ゴールデンウィーク になりそうです。

一方で経営者の頭を悩ませるのは、アルバイトを含む 従業員不足 です。決まってこの時期になると従業員たちから「地元に帰る」「友達と旅行に行く」「家族と約束がある」などの休暇の話が浮上してきます。事前に準備しているお店は数ヶ月前から従業員のシフトを抑えていたり、インセンティブを与えたりするなど工夫しているようです。

飲食店 卒業に伴う人手不足を考える

1.急に 従業員不足 に陥った時の対処方法

結論からお伝えすると、人材派遣会社を使うか、自分が店に入るか、友人や家族にお願いするしか方法はありません。そこで、通常飲食業界の方たちが使う事が無い、人材派遣会社のwebサイトを確認してみました。すると「3日前までのオーダーで人材確保します!」の文字が。登録だけ済ませておけばあとは簡単で、必要な日時と人数をFAX送付すれば、必要なその日に助っ人がやってくるようです。「飲食店 人材派遣」でネット検索すれば、たくさんの会社が出てきます。

2.未然に防ぐ防止策を考えてみた

そもそもなぜ 従業員不足 が起こるのか?本質的なことを理解して、以下の事を実践すればゴールデンウィークや盆休み年末年始などの長期休暇に対応できるようになります。

(1)従業員やアルバイトとの日頃の付き合い方

誰かと一緒にたまにはゆっくりと休暇を取りたい!というのが従業員たちの本音ではないでしょうか?そんなことを言っても、こちらはサービス業であって、それを承知したうえで雇用契約をしている訳であって、更に言うとシフトも組んであるにも関わらず、「休みます!」。それは、「ダメです!」とハッキリ伝えるべきです。つまり、 従業員不足 が起こる原因はあなたの心に付け入る隙があるからだと考えられます。普段から毅然とした態度で接していれば、それが必ず防止策になります。

(2)従業員を評価せずに自分だけ肥えていませんか

私達は、新規で飲食店を開業したいという方たちからのご相談をよく受けています。そこで私からこんな質問をしています。なぜ独立開業するのですか?そうすると皆さん口々に、今働いているお店に長くいても意味がない。給料が安すぎる。など必ずと言ってよいほどそのような話が出ます。逆に、お店の経営者だけはしっかりと給与を受け取っている実態も知っています。以前から飲食業界全体で言われている事ですが、経営者から積極的に笑顔も痛みも分かち合い、歩み寄り、そのギャップを埋めることが一番の防止策と言えるでしょう。どうしてもそれが出来ない場合は、従業員やアルバイトが喜ぶ程度で構いません。プラスαのインセンティブを支払うべきです。

(3)従業員同士で考える機会を与えてみる

従業員たちは、 ゴールデンウィーク に休暇を取りたくてたまりません。そこで提案したいのが、シフトを従業員たちに自分の意思で決めさせるという事です。つまり、会社・お店側からは○月○日~○月○日まではお店を開けます。というようなカレンダーを手渡し、あらかじめ各日に必要な人数を書き込んでおきます。その枠にキチンとハマるように皆で調整してシフトを組んでください。というような具合です。これを長期休暇間際ではなく、毎月のルーチンにしておけば、急に困ることはありません。

飲食店 アルバイト比率が84%の現実

3.テクニックを使いその場をしのぐ

20坪のお店を通常3~4人で回している場合、1人欠ければ大変なことになってしまいます。10人のうち1人が欠けるのとはまったく訳が違います。さらに今回はゴールデンウィークですから、通常よりも客入りが多い中でのそれは死活問題ですらあります。そこで実践してみたい簡単に出来る2つの方法を紹介します。

(1)席数を減らす

従業員の人数が足りない=客席を一時的に減らす

せっかく来店してくれたお客さんに迷惑が掛からないように、テーブルに「予約席」等のプレートを置いて、客席を一時的に使用しない方法をお勧めします。満席になるまでいっぱいにお客さんを着席させても、肝心の料理や飲み物が提供されなければ、あそこのお店は料理が出てくるのが遅い店だ!などとレッテルを張られてしまいます。せっかくのゴールデンウィークに失敗してしまい、平日にまで影響が出てしまうと元も子もありません。ここは無理せず欲張らずに営業した方が無難です。

(2)メニューを絞る

ゴールデンウィーク 特別メニューと題し、比較的簡単に提供できる限られたメニューだけを提供することをお勧めします。先に火入れ出来る食材などを、事前に仕込んでおくのも良いかもしれません。とにかくスピードよく提供できるようにメニューを限定するオペレーションを組んでおくことが重要です。

ゴールデンウィーク は来年も再来年もやってきます。人材派遣会社のように、なにも考えることなくただお金を支払って、人材を確保する方法がもしかすると一番楽かもしれません。しかし、本質的な 従業員不足 の改善はいつか真剣に取り組むべきです。なぜなら今後この人手不足は解消する見込みがないからです。

飲食店の人手不足解消 アルバイト定着作戦

物件情報

お店をはじめよう 業種を決める ライフスタイル 相談する 開業情報 お金

  • このエントリーをはてなブックマークに追加