飲食店 開業の為「お金を 借り入れ る!さてどこから?」

飲食店 開業の為「お金を 借り入れ る!さてどこから?」

飲食店 を始める。独立?開業?おめでとうございます。

お金はどうしましたか?自己資金? 借り入れ ?

借り入れ について明確に知っている方は、金融機関の方を除くとそうはいません。つまり的確なアドバイスができる方は少ないということです。 飲食店 の独立、開業を目指すのであれば一度は直面する難関です。にもかかわらず融資が実行される頃になってようやく仕組みや中身が分かる性格のものです。それならもっと早くに知っていれば!となる前にシッカリ学習しましょう。

飲食店 の開業資金はどこで 借り入れ たら良い?

まず思い浮かぶのは銀行ですね。メガバンクと呼ばれる都市銀行に地方銀行、信用金庫に信用組合と様々な銀行が存在します。他には生命保険会社に、ノンバンクと呼ばれる信販会社、郵便局に農協などがお金を貸してくれそうです。

しかし現実はこうです。

  • 銀行

銀行という名の付く金融機関は、「担保」となるものがなければ創業をする人や企業に対して融資はしてくれません。土地か株券か国債などがその担保です。

  • ノンバンク・郵便局・農協

これらも基本は銀行と同じです。

上記の金融機関がもし貸してくれるとしたら、既に取引のある人物か企業が連帯保証となる場合が想定できます。この場合、ご親族でなくても大丈夫ですが、飲食店開業の事業計画について厳しく審査されることでしょう。

  • 生命保険会社

もしあなたが終身生命保険やお子様の学資保険、養老保険等に加入しているなら契約時からこれまで支払ってきた保険料の実績に応じて貸し付けをしてくれます。カードローンなどの支払い金利よりも低く年利6%前後で、銀行 借り入れ と違い毎月決まった額の返済をしなくてもよいのが特徴です。ただ、払込期間が短いと貸付限度額はあまり期待できません。低利のカードローン替わりに一時的に利用するのはよいでしょう。

  • カードローン

CMなどで300万円までは所得証明なしで即日回答と各社うたっていますが、事業用資金用途には貸さないというのが銀行のスタンスです。手軽だからと言って複数のカードローンから借り入れをするのは危険です。金利も高く返済が経営を圧迫します。

  • 日本政策金融公庫

創業融資の本命は昔から公庫です。3つの理由が挙げられます。

  1. 創業前に貸し付けの実行をしてくれる。他の金融機関は創業後でないと絶対に貸してくれません
  2. 連帯保証人がたてられなくても融資してくれます
  3. 最長1年間 元本の返済を猶予してくれます
  • 東京都信用保証協会

創業資金援助として、銀行が行う貸し付けに対して連帯保証を行ってくれる制度。個人の信用調査など公庫に比べ厳しいものの公庫と同等の融資枠があります。

保証人無しで 借り入れ が出来るのは金融公庫だけ

もし、担保がなく保証人もいないのであれば、選択肢は国民政策金融公庫だけになります。個人が 飲食店 の独立・開業の為にだけにお金を 借り入れ るなら公庫だけで十分ですが、創業5年以内に2店舗目、3店舗目を増やそうとするなら東京信用保証協会も併せて 借り入れ を起こすことをお薦めします。

最後に

公庫や保証協会を含め金融機関全般に言えることですが、いくらまで貸せるかを検討するというより、 借り入れ をする事業がいくらの返済能力があるのか、時間と共に成長し売り上げが伸びて行く可能性を見ていると言っていいでしょう。

まずは、ご自身の事業計画を作るところがスタートです。

物件情報

お店をはじめよう 業種を決める ライフスタイル 相談する 開業情報 お金

  • このエントリーをはてなブックマークに追加