繁盛店する飲食店 ランチタイムに 女性リピーターが増えるポイントはコレ

Pexels / Pixabay

繁盛店する飲食店 ランチタイムに 女性リピーターが増えるポイントはコレ

オフィス街に限らずランチタイムの混雑は利用する者からすると結構ストレスです。ましてや雨が降っているだとか、冬や夏の真っ只中ともなればお店に行くことさえもためらってっしまいます。限られた時間で食事をする大変さはその環境に置かれてみないとなかなか分からないものですが、限られたリフレッシュの時間は有効に使いたいと誰しも思うものです。

お店の側からするとまた違った感想をお持ちのはずです。12時前ぐらいから込み始めて、一旦12時過ぎに満席となるものの12時40分を過ぎるあたりから客足が途絶え13時を過ぎるころには客もまばらといった感じのランチ時の風景ですが、お店としては客席数が限られるだけに短時間に集中してお客様に来て頂くよりも、フレックスタイムの様にばらばらと来ていただいた方がサービス的にもトータルの売上的にも助かると考えるはずです。

この相反する永遠のテーマ、何とか解決する方法はないものかと考えたところ解決の糸口は「女性」にスポットをあてることで見えてきます。

飲食店は フリーWi-Fi と TV中継 そして インスタ萌え で集客

仮説の入り口

スターバックス、タリーズ、ドトール、サブウェイ等々女性が一人でくつろげてちょっとした軽食がとれるお店の定番です。これらのお店の共通点ですが、通常の飲食店と違いレイジータイムつまり午後のお休み時間がないことと、お昼時のお客様男女比率で言えば若干女性の方が多いような気がします。どうやら利用する女性に好まれる点は、女性が多く、女性一人でも気兼ねなくいつでも入れると言うところにあるようです。

実例1 パスタ専門店の場合

以前市ヶ谷で大変繁盛しているパスタ専門店にお邪魔してお話を伺った際の事です。午後の2時を過ぎてもお客様が一人また一人と来店されます。さすがに3時を過ぎるとないだろうと思うとさにあらず客足は絶えません。ご主人に伺ってみると男性と違って女性は比較的変則な時間でもお昼休み(休憩時間)がとれるようなので混雑をさけて来られる方が多いとのお話でした。

また、お一人で来られる方がほとんどなのでテーブル席は2人掛けが基本で、人数によってテーブルを繋げる方法をとっているとのことでした。お店のお休み時間を伺ったところ、お客様がいらっしゃる限りお店は開けているとの回答でした。

実例2 和食・定食店の場合

女性に人気の和食定食店といえば大戸屋が最右翼ではないでしょうか。IRを見ても女性をターゲットにしての店造りに腐心しているとうたっています。女性一人でお店に入る人目が気にならないように繁盛店の定番である1階を避け、地下1階や2階などに出店する工夫をしています。また、定食屋にありがちな休憩時間も設けずお昼頃から夜まで通しでの営業です。店内のつくりもカウンター席を多く作って女性一人でもゆったり食べられるようになっています。その結果ご年配の方も含めて女性客お一人が目につきます。ランチタイムはもちろんのこと、3時や4時でもお店はお客様で一杯です。

女性が一人で入りやすいお店の特徴が見えてきました。男性をターゲットにしたお店に比べランチタイムの分散化がみられるということと女性をターゲットにしているお店が少ない分固定客がつきやすく安定した売上がのぞめるということです。そのかわり、お店を開ける時間が長くなり、夕方近くまでランチを提供する工夫が求められます。

飲食店 繁盛店は始めている 「3っの実例」にみる儲かる 看板 の仕掛け

これから女性客を狙うとしたら

改善策は4つ

1.レディスランチをメニューに加える

2.壁面にカウンター席を増設

3.客席にコンセントを用意する

4.フリー Wi-Fiを用意する

5.ランチタイムを1時間延長する

1.レディスランチをメニューに加える

あるエスニック料理のお店は、夜になるとベリーダンスのステージが出来るほどの少し広めのお店です。こちらのランチタイムではレディスランチと称して明らかにお得なメニューが用意されています。我々男性でも食べたくなるようなものです。案の定このお得メニューを目指して多くの女性がランチに訪れます。

2.壁面にカウンター席を増設

4人掛けのテーブル席に通路を挟んで壁際に2人掛けのテーブル席というレイアウトの飲食店が圧倒的に多いのが日本の定食屋さんの特徴です。間口よりも奥行きが長い為にそのようなレイアウトに必然的になります。この2人掛けのテーブル達を撤去し、一方の壁にカウンターを作りつけます。一度に入れるお客様の数が増えるばかりかお一人様のスペースとしても気兼ねなく利用いただけます。

3.客席にコンセントを用意する

SNSでランチタイムを目いっぱい使うと言う女性が結構な割合でいらっしゃいます。また、オークションやネットでの商品探しにも時間を掛けています。となれば携帯電話のバッテリーの残量が気になるところです。長くお店に留まるのはチョットと思われる向きもあるかもしれませんが、少なくとも来店をするインセンティブに十分なります。あそこに行けば充電しながらランチが食べられる。早くからマクドナルドやドトール系列のお店等が導入して好評を得ています。カウンター席の増設の際は是非併せて工事したいものです。

4.フリーWi-Fiを用意する

SNSをするにしてもネットサーフィンをするにしてもお客様がご自身で契約した電話会社のパケットを使って楽しむことになります。ただ、パケット代を節約する為には好きなだけ楽しむとはいきません。そこでお店がフリーのWi-Fiを開放してあげれば、お客様はパケット料金を気にせずスマホでSNSやネットサーフィンを楽しむことが出来ます。これは店先の看板で大きく宣伝すると効果絶大です。

5.ランチタイムを1時間延長する

ランチタイムの時間帯は11:30~14:30ぐらいが一番多いのではないでしょうか。先に書いたような女性一人がランチタイムを目いっぱい使いたいなら混み合っているお店は気が引けるでしょうし、お客様が一人もいない中で過ごすのもなかなか居づらいものです。ここは思い切って店頭に「女性一人でもくつろげるお店。ランチタイム延長中」とでも看板を出せばこちらも効果大です。

カウンター席とコンセントの工事以外はお金を掛けずにすぐに始められるサービスです。先にWi-Fiやランチタイムの延長で女性客が増えるようならカウンター工事やコンセント工事に踏み切るというのも選択肢の一つです。

今回の提案では、あくまでも女性客を増やすことを目的にしています。決してお客様を女性に限定すると言うものではありません。現在お店に訪れるお客様の割合を変えることで、集客数、回転数を上げようという試みです。まずは女性を取り込んでいるお店に足を運んでみることです。トイレの清掃や雨の日の気配りなどきっと気づかれるところが多いと思います。是非参考になさってください。

繁盛する飲食店は知っている きれいなトイレは集客できる

飲食店 雨の日に集客と売上を伸ばす「5つの割引」

物件情報

お店をはじめよう 業種を決める ライフスタイル 相談する 開業情報 お金

  • このエントリーをはてなブックマークに追加