飲食店舗 開業へ向けた皆様からの質問 Q&A


飲食店舗 の深夜営業をする上での注意点はありますか?

都市部には全て用途地域が設定されています。この用途地域により深夜12時以降アルコール類の提供をしていい地域と営業できない地域に分かれています。よくある間違いとしては、大通りから一本入った立地が「住居地域」に指定されている場合などです。この場合は12時以降の営業はできません。そのような立地は事前に最寄の区役所の都市計画課か各区役所のホームページで調べるか不動産会社に確認することをお勧めします。

飲食店舗 を開業する場合、屋上までのダクト工事は必要ですか?

必ずしも必要ありません。予め管理会社や大家様に営業業種を届け出た上で指示を仰ぐのが一般的です。但し、どの契約書にも近隣からクレームがあった場合は、借主の負担でダクト工事を施す等の文言が入っているケースが多く見受けられます。時間をかけて話し合いをすることで近隣との関係が壊れる可能性があります。手っ取り早く「アクアフィルター」など各種脱臭フィルターなどを検討するのも安価で手早い解決策のひとつです。

食材卸先や酒卸先など選び方を教えてください。

卸会社が必要な理由とは、少量でもまとめて購入した場合の値引き価格で購入できることと、多品種の在庫を持たなくても必要な分だけ届けてもらえる手軽さにあります。つまり、特殊な食材などを常にストックしておくことで余分なスペースを取られたり、時間が経って廃棄しなくてはならなくなるリスクを減らしてくれます。ひとつひとつの価格の安さも大事ですが、どれだけこまめに食材やお酒を届けてくれるのかが 飲食店舗 を経営するうえで重要なポイントとなります。最近数の増えたネット卸会社は価格が魅力です。よく耳にするのは、冷凍ものや缶詰、調味料などのグロサリーは便利だが、生鮮ものは実店舗にかなわないというものです。食品に関して言えば、1社に限定すくことなく、食材や価格で数社を使い分けるというのが賢い付き合い方のようです。また、酒卸は競争が激しくどこも同じようなサービスのようです。中には、長期契約で冷蔵ショーケースなどの無償貸与をしてくれるところもあります。最寄の酒卸会社数社から相見積を取り寄せて検討することをお勧めいたします。

物件情報

お店をはじめよう 業種を決める ライフスタイル 相談する 開業情報 お金

  • このエントリーをはてなブックマークに追加