お金の借り方( 融資 編)


はじめに

金融機関からお金を借りることに慣れている人はまずいません。もし借りた経験があったとしてもマンションや一戸建てを買うときに結ぶローン契約でしょう。そのような場合では、買った不動産が担保となり月々の返済額に無理がないかがポイントとなります。
これに対し、事業者として(お店を始める時点で個人であっても事業者と見なされます)金融機関から 融資 を受ける場合は勝手が違います。いろいろな角度から事業の実効性に対して審査を受けることとなります。
このように金を借りる経験も知識もない状態で 融資 の申請を行うことの精神的ハードル感は相当高いものです。
今回のコーナーでは、知らないことで生まれる不安感を和らげ、実は親身になって応援してくれる金融機関があることを解説します。

まずはどの金融機関が 融資 をしてくれるか知ろう

金融機関というとまずみずほ銀行や三井住友銀行などのメガバンクを思い浮かべるかもしれません。横浜や千葉と言った名前が付いた地銀も多数あります。口座を持ち長く利用している方も多いと思います。では彼らがすぐに資金を用立ててくれるかといえば答えは「NO」です。個人としていかに長く付き合ってきたとしても事業者となった瞬間にそれまでとはまったく別のお付き合いが始まるとお考え下さい。具体的に言うと、それらの銀行は住宅やマンションなどの担保が取れる貸し付けには積極的ですが、他方担保の取れない創業 融資 のような資金の貸し出しはしないのです。
個人と違い小さな事業者にはあまりやさしくないとハッキリ言えます。ですから、メガバンクや地銀が独立・開業の為に資金を直接貸してくれることはないと考えてください。じゃあ一体誰が資金を貸してくれるか?

大きく二つの金融機関があります。

「日本政策金融公庫」と「東京信用保証協会」です。
この二つの金融機関にはよく似ているようで大きな違いがあります。これは一度利用した方であればなるほどという部分なのですが、次回詳しくお話いたします。

物件情報

お店をはじめよう 業種を決める ライフスタイル 相談する 開業情報 お金

  • このエントリーをはてなブックマークに追加