繁盛店は知っている 町内会との上手な付き合い方

Photo credit: Nemo's great uncle via Visualhunt.com / CC BY-NC-SA

Photo credit: Nemo’s great uncle via Visualhunt.com / CC BY-NC-SA

繁盛店は知っている 町内会との上手な付き合い方

都会暮らしをしておりますと町内会(自治会)ってなんだろうと思われる方がいらっしゃるかもしれません。4年に一度のお祭りで神輿をかつぐのかなだとか疑問は尽きないところでしょう。

知らない人にとって謎の集団に映るかもしれない町内会。実は思うほど排他的ではないですし、お店の売上にも時には貢献してくれる存在なのです。

今回は、初めての町内付き合いを知って地域の皆さんと共に歩む繁盛店のあり方について考えて見たいと思います。

そもそも町内会の役割とは

かつては(今でも)冠婚葬祭の互助会や地域インフラを保つためのボランティア集団なのです。更には、子供会に青年会、婦人会といった分科会まで備えた一大コミュニティーでありました。昔は、地方自治が行き届かないなかでよりよい生活を守るための知恵だったのではないでしょうか。

インフラ整備が進み、核家族化した都会ではかつての機能は必要とされず、鎮守の祭りや盆踊りなど今も残る民族風俗を語り継ぐコミュニティーへとその姿を変え存続しています。

しかし侮るなかれ、町内会内部の絆は希薄になるどころか一層強固なつながりへと進化しています。幼馴染の地元自営業者に話を聞けば、小学校の序列はたとえ60、70歳になっても絶対で、いくつになっても先輩、後輩の中だそうです。

町内会費の行方

基本町内会はボランティアなので活動費は出ないのですが、町内会には必ず町内会費が存在します。町内会の寄り合いに使う集会所がある場合は、固定資産税や電気代がそのなかから支払われ、寄り合いのお茶代やお菓子代などもこの中から支払われている。

この町会費、相場と言うものが存在しないようで、月300円のところもあれば、年会費で1万円程のところもあります。また、別途お祭りや慰安旅行の積立代があるところもあります。以前三社祭がある鳥越町で月に2,500円程、年3万円ぐらいだったと記憶しておりますが今ではどうでしょうか。

町内会の活用法 基礎編

まず、飲食店をオープンすることになったら町会長のところに菓子折りを持って挨拶に行くことをお薦めします。何を話すと言うより、たぶん町会長の方からいろいろな情報を授けてくれます。例えば、近くの商店街の会長がだれで挨拶に行った方がいいとか、どこのお店が流行っているだとかこんな店は長続きしないだとか様々な内容です。

本題はここからです。町内会の会合の日取りを必ず伺って、その日にご挨拶に上りたいと申し入れるのです。快く招き入れてくれるはずです。その席で、お店の割引券や招待券を配りましょう。ご近所の方がファンになって下さると土曜日や日曜日、ケータリングなど集客の幅が広がります。面倒臭さがらずに顔を出すようにしましょう。

町内会の活用法 上級編

町内会と言えば地元密着型のコミュニティーです。そのコミュニティーと深い縁で結ばれている組織への入り口とも言えます。例えば、小学校、野球・サッカーチーム、警察署、消防署、冠婚葬祭などなどです。こんな方がいらっしゃいます。もともとお好み焼き屋を始めたところ少年サッカーの打ち上げ会場として利用頂いたのが縁で、消防署の会議用弁当を注文頂くようになったと聞きました。よくご利用頂くご近所さんがPTAの役員をなさっている関係で、会合のお弁当や年度末のケータリングなどを注文頂くようになったとも聞きました。日常ご利用頂く地元の皆さんとの交流が思わぬ受注に発展した例です。町内会の皆さんとは焦らず、じっくりとお付き合い下さい。

町内会の今後

今後人口が減少する日本で、池袋でさえ2040年に消滅の危機にあると報じられた衝撃はいまだ記憶に新しいと思います。コミュニティーが限界集落を迎える中で互助会である町内会は機能し続けることは出来るのでしょうか。ヒントは、飲食店など外からコミュニティーに入ってくる方々との交流です。国家レベルで考えると、安い労働力を移民で補い、人口のピラミッドを維持しているアメリカのような発想です。コミュニティー内で人が増えないなら外から呼べばいいのです。その為にも、外から流入してくる飲食店や物販の方々が町内会に積極的に参加できる仕組みを考えることだと思います。例えば、シャッター街となっている商店街や空き家で放置されている物件に町内会がクラウファンディングのようなかたちで出資をする方法が考えられます。そうなれば町内会の皆さんはお店のオーナーの様な形でお店に関わることが出来ます。そうなれば、ご自身も利用するでしょうし、知人にも推薦するようになるはずです。結果売り上げのなかから一部を町内会費として還元してもらうのです。

これからの町内会は、これまでの伝統と互助の精神を受け継ぐリーダーと、町内会を資金的に切り盛りして行くために何が必要かを考えるリーダーと二つの能力が求められることとなるでしょう。町内会に果たす飲食店の役割はまだまだありそうです。

物件情報

お店をはじめよう 業種を決める ライフスタイル 相談する 開業情報 お金

  • このエントリーをはてなブックマークに追加