大家さんを悩ます 飲食店の自転車問題を解決する

Free-Photos / Pixabay

駅と放置自転車の関係は都内であればどこでも頭の痛い問題です。駅再開発を期に公営の駐輪場を設置したり、周辺に発生する放置自転車の取り締まりを強化するなど、両者のイタチごっこが常に繰り広げられています。さて、この問題を対岸の火事と笑っていられないのが駅前商店街や駅から歩ける場所に不動産を持つ大家さん達です。

ちょっと人通りが少ない小道や電柱の陰になる場所に隠すように止められている自転車。通行の妨げになるばかりか、生活動線を塞がれるような場所(裏口や玄関近く)であれば防犯上もよくありません。ましてや、大家さんが飲食店に貸した物件に自転車が溢れているとなると放ってはいられません。今回は、飲食店の店先や無関係に放置された自転車をいかに排除するか大家さんの側から考えてみたいとおもいます。

飲食店テナントの営業時間に対する大家さんの悩み

なぜ自転車の放置がおこるのか

飲食店をめぐる自転車問題には2つの側面があります。

  1. テナントを訪れたお客様の自転車が邪魔
  2. 飲食店に関係のない自転車が邪魔

1.の場合比較的住宅街に近い飲食店に起こりがちです。東急沿線のある駅前では、試合帰り子供たちの自転車で溢れる焼肉店をいくつも見かけます。かと思えば、禁煙を期にファミリーレストラン化している居酒屋さんも日曜の夕方となると家族連れの自転車が店先に並びます。つまり入居してくれた飲食店が繁盛していればこその問題だけに大家さんとしては悩ましいところです。

解決策①

建物にちょっとしたスペース(階段下、ゴミ置き場)があるようであれば一時駐輪場として解放してあげるか、スペース次第では駐輪場として月々の使用料をテナントから申し受けるという手があります。

建物には余分なスペースはないが、自転車問題は解決したいという大家さんはまずテナントと会って相談をしましょう。まずなぜ自転車が問題となっているかを伝えましょう。ご近所からの苦情や警察からの指導などを理由にお店としての対応をお願いするのです。飲食店側もお客様の自転車に関し注意し過ぎると売上に響きかねません。例えば、ご近所に駐輪場として使えそうなスペースを探し、一緒にお願いに行くこともあるでしょう。駅に近いのであれば公営の駐輪場や時間貸しの駐輪場をご利用願いますと張り紙をするのもいいでしょう。その際に発生した駐輪場代は飲食店が負担すればいいのですから。

大家さん・飲食店オーナーの失敗しない管理会社選び

解決策②

一番頭が痛いのが、飲食店や大家さんの不動産と何の関係もない自転車が止められていることです。実際に上野駅近くで店舗不動産をお持ちの大家さんの例を参考に対策を考えてみたいと思います。

駅に近いということで放置自転車が絶えないビルの入り口脇、通りには面していますが出入り口ではない側の壁面です。そこには、電柱と電柱を支えるワイヤーでチョットしたスペースが生まれています。このスペースに毎日のように自転車が放置されているのです。最初は区にお願いして放置自転車にステッカーを張ってもらい注意を促すのですが、効果はなかったといいます。次に区がしてくれた対策が赤色のカラーコーン(三角)に駐輪禁止と書かれたものを対象の場所に置き様子を見たそうです。カラーコーンによりスペースがなくなったせいで自転車の放置は無くなったそうです。ただ、大家さんは言います。1台誰かが自転車を置くと次々と自転車の放置が始まるそうです。だからこそ最初の1台を止めさせない工夫が大切だと。

商店街の取り組み

商店街やアーケードなど夕方となれば自転車や人で溢れます。特定のお店に行列ができるように、特定のお店の前には自転車が溢れることが商店街として問題になったそうです。商店会に加盟している店主が集まり解決策を考えたところ、商店街の中ほどから1本入った駐車場を商店街の駐輪場として商店会で借上げ、商店街を訪れるお客さんには極力そこに自転車を置いてもらうようお願いをしたと言います。今では、そこに自転車を止めることが当たりまえとなり、すっきりと歩きやすい商店街となったそうです。この場合、直接大家さんとは関係ないように思われますが、放置自転車で悩まれている大家さん同士で連絡を取り合うことで同じような解決策がとれるのではないかと思いエピソードを披露させて頂きました。

ここ何年か電動アシスト付き自転車が登場し、ますます車離れバイク離れが加速したといいます。また、ファミリー自転車ばかりではなく、趣味のスポーツ自転車でも40万円をこえる同じくアシスト付き自転車が販売となり人気を博しているといいます。税金がかからずメンテナンスも簡単と維持費コストがかからないとなれば増々自転車の利用率は上がるものと思われます。これからの不動産価値を考えるなら、たとえ賃貸と言えども来客用の駐輪スペースを計画時から考えるべきなのではないでしょうか。年号が令和に変わる今、昭和の建築物件は建替えの時期に差しかかっています。その際には是非ご一考下さい。

飲食店テナントの近隣対策 大家さんからのアドバイス

物件情報

お店をはじめよう 業種を決める ライフスタイル 相談する 開業情報 お金

  • このエントリーをはてなブックマークに追加