大家さん・飲食店オーナーの失敗しない管理会社選び

godoycordoba / Pixabay

長年お付き合いのある不動産会社の方から電話が入りました。内容は、飲食店舗についての相談です。簡単に内容を整理しますと、1階で飲食店を営む大家さんがご自身の住居も併設するオフィスビルで、飲食店舗を閉めようと考えているが相談に乗って欲しいというものです。電話をくれた不動産会社の方は、オフィスについてのことはよくわかるものの、飲食店舗については皆目見当がつかないばかりか誰に相談していいものか分からずとりあえず電話をしてきたようです。建物の所在や概略を伺ったところで、なにが分からないのかその不動産会社の方にたずねてみました。その答えが、まず賃料相場、次に募集の方法、賃貸に出した際飲食店舗を扱う同業者、最後に看板や工事などの取り決めなどすべて経験が無いのでなにも分からないとの話です。

今回は、初めてオフィス区画以外を賃貸に出される大家さん兼飲食店オーナーのお問合せでしたが、そもそも自営業でやってこられて、年齢とともに引退を考える飲食店オーナーも今後増えてくると思われます。そんな大家さん予備軍の皆さんに今回は不動産の契約管理をしてくれる管理会社の選び方についてお話しをしたいと思います。

数多くのトラブルを知る管理会社を選ぶ

初めから飲食店舗の賃貸や管理に詳しい管理会社はありません。住宅やマンション、オフィスの延長線上で賃貸借契約を捉えていてのスタートです。ところが、今まで考えたことも無いクレームや相談が舞い込みます。場合によっては訴訟にまで発展する事態もあります。ここで管理会社も店舗物件はもうこりごりといって扱わない会社もあれば、場所柄根気よく飲食店物件と付き合ってゆく管理会社とに分かれて行きます。冒頭に登場した不動産会社はまさしく前者です。

飲食店のテナントが外国人?大家さんの心得

さて、トラブルを知る管理会社が安心なのはどのような部分なのでしょうか。

  • トラブルを未然に防ぐ
  • トラブルの解決方法が分かっている

トラブルを未然に防ぐ

大きくは、建物にまつわるハード面のトラブルと使用に関するソフト面の二つに分類できます。ハード面で重要なのが賃貸物件としての限界を分かっているかが重要なポイントです。例えば、ガス容量や水道管の径が細いにも拘わらず重飲食を入居させようとしていないか、内装工事の際に図面チェックが出来ないと建物に取り返しがつかないダメージを与えることがあります。天井の懐が足りないので梁を削ってしまったり、排水管のルートが取れないばかりに、スラブ(床)を抜いて直下階の天井裏につないだりと耐震や水漏れの危険性を生みます。経験が無ければこれらをチェックすることはまず不可能です。ここだけの話ですが、コストを出来るだけ抑えたいチェーン店程こういったことをやるケースがあります。

次にソフト面です。これから飲食店舗で貸し出そうとしている物件の隣地がマンションだったり、お隣との境界がくっついていたりする場合があります。そのような状態で臭いや煙の出る業態を誘致してしまったが為にいさかいが起きてしまうことはよくある話です。それではと、ダクト工事をするようテナントに求めたところ、そのダクトが敷地境界線をまたいでしまいここでもトラブルになることがあります。

お金をかければ臭いや煙は電気的に処理することは出来ても、一度許可を出した営業時間は死活問題ですからおいそれとは行きません。最悪は、立退き補償をして出て頂くことになります。そうなれば何のために賃貸に出したのか分からなくなります。

これらを前もって制限できる管理会社がトラブルを未然に防ぐ安心して管理を任せられる不動産会社なのです。

飲食店専門の管理会社はテナント探しも得意

トラブルを多く知る管理会社とは飲食店を専門に扱う管理会社であることがほとんどですが、彼らはただ管理するだけではありません。空室になってしまった店舗の後継テナントを見つけることも得意なのです。そのメカニズムはこうです。

飲食店舗をあまり取り扱わない不動産会社や管理会社は、物件の妥当な賃料価格を知りません。従って従前に貸していた金額以外で貸すことはありません。このことが大きなミスマッチを引き起こします。10年以上賃料の見直しをしていない為に周辺相場より相当安く貸していたり、逆にバブル期のままの設定で借手が現れないといったことが起こります。扱った物件が多ければ今どの価格がマーケットで求められているか、賃料が上昇傾向にあるのかどうかや街の力が下降気味で値段交渉が入った際は極力受けようかなどの判断が出来ます。そうなれば大家さんに不利益をもたらすこともありません。

飲食店の営業補償に気をつけて!大家さん

飲食店舗に強い管理会社は契約書を見ればわかる

ここでいう契約書とは、大家さんとテナントが結ぶ賃貸借契約書の事です。契約書など不動産協会が出している雛形を利用していてどこも同じだとお考えの方も多いと思います。トラブルを知る経験豊富な管理会社は、その一つ一つを避ける為に予め契約書にやってはいけないこと、事前に許可を得る事項、業種や営業時間の制限などこれまで契約書に書かれていなかった為に起こったトラブルを未然に防ぐ条文を必ず入れています。それ以上に大切なのが、起きてしまったトラブルはどの様に処理するのか、その際の費用負担、解決を行うべきは誰なのかを想定して決めてあることです。つまり、契約書とはトラブㇽの歴史でもあるのです。

これから管理会社をお選びになる大家さんと大家さん予備軍の皆さま、最初に飲食店でのトラブルで多いのは何ですか?そしていつもどのように解決しておいでですかと聞いてみてください。経験豊富なところはすぐに事例をあげることでしょう。そうでないところは「ウチは長年営業していますから大丈夫ですからお任せください」としか言えないでしょう。ちなみに身近なところで起きるトラブルのトップは排水管の詰りです。二番目はゴミの出し方でしょうか。近隣とのルール作りも管理会社の重要なお仕事です。是非参考になさってください。

飲食店 テナントのゴミは大家さんの責任?

物件情報

お店をはじめよう 業種を決める ライフスタイル 相談する 開業情報 お金

  • このエントリーをはてなブックマークに追加