スグ出来る 飲食店 雨の日の売上対策 5つのまとめ

スグ出来る 飲食店 雨の日の売上対策 5つのまとめ

都心の8月で連続して雨が降った記録は1977年の22日間だそうです。8月に入って既に16日間雨が降り続いています。夏の暑さをあてにしていたビヤホールなどの飲食店、キャンプ場や海の家といった行楽地は打撃を受けているようです。関東で続く長雨は日照不足も同時に引き起こしており野菜の流通量も減っています。当然値段は上がりネギやキュウリなどの卸売り価格は通常の6割アップ、キャベツに至っては3倍の値がついています。

そこにもってきて雨で客足が鈍るとなれば飲食店にとって由々しき事態になりかねません。

そんな食材の高騰や雨による集客対策をこれまで店サポでお届けして来た5つの記事をもとに改めて考えて見たいと思います。

繁盛する飲食店は知っている 雨の日 来客数をアップするには

雨の日に飲食店が発揮したいホスピタリティーがあります。物理的、経済的そして精神的ホスピタリティーの3つです。併せて参考にしたいのが雨の日だけ提供される様々なサービスです。そのサービスの強みは、雨が降る日は必ず行きたいとまでリピーターに云わしめるアイデアです。

繁盛する飲食店は知っている 雨の日 来客数をUPするには

雨の日の飲食店 リピーターを失う「傘立て」の悲劇を無くす

飲食店にとって傘立ては店の外に置いてあることも多く意外と目が行き届かないものではないでしょうか。お客様が声をあげない限りどこに不満があるのか分かりづらい傘立ての実態。

盗難や紛失時の飲食店の対応方法から傘を預からない運用方法まで傘にこだわって考えて見ました。

雨の日の飲食店 リピーターも失う「傘立て」の悲劇を無くす

飲食店 雨の日に集客と売上を伸ばす「5つの割引」

雨をおしてたどり着いたお店が意外と居心地がよかったという経験はありませんか。お店は何時になくお客様がまばらで、店員の応対も余裕があり、注文した品もすぐに出てくる感じです。それが普段人気店であればあるほどそう思うものです。逆に飲食店側からすると、もしその日に雨ではなく晴れていたならもっとお客様が来てくれて売上が上がったのにと思うはずです。この両者のギャップを上手く埋められる具体策が各種の割引です。

タクシー割、人数割、予約割、女性割、レイト割と5つのサービスをご提案します。

飲食店 雨の日に集客と売上を伸ばす「5つの割引」

梅雨でも繁盛する飲食店 雨にも負けないメニューの作り方

降り続く雨と夏だというのに上がらない気温で体調を崩される方が増えます。ちょうど梅雨の頃の気候に戻ったようです。そこで梅雨の時期にたてた対策を今一度振り返ってみたいと思います。医食同源と言いますが、食べるものでシッカリと体調管理が出来ることを打ち出してゆく飲食店は十分に差別化が可能です。

梅雨でも繁盛する飲食店 雨にも負けないメニューの作り方

飲食店 豪雨災害による 原材料(食材)の値上がりが起きたらどうする?

唯でさえ薄利でご商売をなさっている飲食店では長雨による野菜高騰の直撃をまぬかれない事態となっています。これから本格的な台風シーズンに備えさらに価格上昇が懸念されます。安易に値上げで対処するのか調理方法や経営努力で乗り切るのか、突然起きる価格変動への対処方法を考えました。

飲食店 豪雨災害による 原材料(食材)の値上がりが起きたらどうする?

日本語には雨を表す表現が数多くあります。ちょうど今の季節夏至から山の日までの間に降る雨を半夏雨(はんげあめ)と呼ぶそうです。梅雨の終わりに降るまとまった雨を指し大雨になることもあると言われています。また、8月の下旬から降る長雨を秋雨(あきさめ)とか秋入梅(あきついり)と呼ぶよそうです。

この雨を表す多くの言葉、日本人が持つ情緒が数多くの言葉を生み出したと言われていますが、昔から雨の多い、雨に泣かされてきた日本人が雨を恨めしく思うのではなくポジティブにとらえようとした結果ではなかったのでしょうか。であるなら、まだまだ降り続く雨を恨めしく思わずに工夫で乗り切る前向き思考が今は重要な時なのです。

飲食店 台風、水害に備える保険はこれだ!

物件情報

お店をはじめよう 業種を決める ライフスタイル 相談する 開業情報 お金

  • このエントリーをはてなブックマークに追加