梅雨でも繁盛する飲食店 雨にも負けないメニューの作り方

Alterfines / Pixabay

梅雨でも繁盛する飲食店 雨にも負けないメニューの作り方

東洋医学から見た日本の梅雨はどのようなものでしょうか。世界を形作るすべての要素を五つの元素に求めた「五行」という考え方を聞いたことがあると思います。「木・火・土・金・水」がその五行を構成する元素になります。この考え方から言えば、梅雨時のじめじめした季節は間違いなく「水」に相当します。また、5元素により構成されている人間の内臓はその水に弱いものがありいろいろな症状や疾患を発症すると言われています。ただでさえ雨で客足が遠ざかる飲食店にとって体調不良から食事もままならなくなる時期でもあり二重の苦しい時期を迎えることとなります。今回は五行と内臓の相関関係をひも解きながら梅雨の時期を乗り切るメニューについて今回は考えて見たいと思います。

繁盛する飲食店は知っている 雨の日 来客数をUPするには

湿気と疾患の関係

湿気の多い日に関節が痛むとか古傷がズキズキすると言った経験やお話を聞いたことありませんか?ご自身でも、湿度の高いジメジメした暑い日の夕方に体が重くだるく感じたことはよくあることだと思います。実はこれにはれっきとした理由があったのです。

状況説明的には以下の様になります。人は体が熱くなると体温を下げる為に汗をかいて体温を下げる調整機能を持っています。しかし梅雨の時期にはこの機能が作用しなくなります。その理由は、湿度が高いと汗をかかなくても良いと体が判断し汗を止めてしまうからです。結果体温が下がらず熱が体にこもってしまいます。当然、体は冷たいものを欲しますので冷たい物や水分をとろうと言う欲求行動に出ます。それで余計に体に水分を取り込んでしまい更に状況は悪化して行きます。ひどくすれば熱中症にもなりかねません。

このような状況を東洋医学では「湿邪」と呼んでいます。この湿邪ですが、大気の湿度が高くなり引き起こされる外湿と体内で水分が停滞して起こる内湿に分けられます。梅雨の時期は外湿により内湿が引き起こされると書かれています。では東洋医学で言うこの湿邪のメカニズムについてみて見ましょう。

湿邪つまり「水」は五行でいう「土」に影響を及ぼします。この土につかさどられている臓器が「脾胃」と呼ばれる脾臓や胃などのリンパ、消化器系などですが、この湿邪により変調を始めます。この消化・吸収・運搬の役割が低下すると、消化不良や胃もたれなど食欲不振を招き、次に栄養が体の各部位に運ばれなくなります。関節が痛む、古傷が痛むといった症状はここからきています。また、体内で水分が滞留して上手く外に排出されない為に体が重いだとかの症状が出るのもこの為です。

邪湿を追い払う方法とは

・体を冷やさない

暑いからと言ってクーラーの効いた涼しい部屋にばかりいると汗をかかなくなります。ここが勘違いの元なのですが、体内の熱はクーラーでは取れません。つまり汗をかいて水分と共に外に出すのが基本なのです。クールビズで冷え症になりかけている皆さん要注意です。

・汗腺トレーニング

体内の熱をとる作業は発汗だと申し上げました。冬から春にかけてあまり汗をかかなかった方は、梅雨に向け汗をかくトレーニングが有効です。汗を出す汗腺は、動きを良くしてあげないと上手く汗を出してくれません。汗をかきやすくする為にわざと汗をかく訓練をするのです。運動でもサウナでも自宅のお風呂でも何でも構いません、ゆっくりと汗をかく準備を梅雨の前に始めてください。

・水分をとり過ぎない

汗が上手くかけずに喉が渇き水分をとりすぎるのはNGです。逆に水分を体の内部に滞留させることとなり余計に体調を悪くします。暑い時にはあったかい飲み物をゆっくり飲めば、少量の水分で渇きは癒され体調を崩すリスクも低くなります。俗に言う中国4000年の知恵というやつです。余談ですが、暑い日に500mℓのスポーツドリンクを3本も飲む男性がいたのですが、ドリンクに含まれる糖分が災いして必要以上のインスリンが分泌され急に体内の血糖値が下がり倒れてしまったことがありました。ジュース類など糖分を多く含むジュースやエナジードリンクと呼ばれる類の飲み物は本当に気をつけましょう。

飲食店 雨の日に集客と売上を伸ばす「5つの割引」

湿邪に強いメニューとは

素材から言えば、夏野菜が体の余分な熱を取り去ってくれます。但し、口当たりがいいからと言ってそのままで食べ過ぎると逆に体が冷えすぎる可能性があります。他の食材と併せて調理されることをお薦めします。

  • ゴーヤ、キュウリ、ナス、トマト、ウド、大根、西瓜、冬瓜・・・夏野菜
  • 紫蘇、大葉、ミョウガ、ショウガ、ニンニク・・・香りの強い野菜
  • 豚肉、ゴマ、カツオ、ウナギ、玄米・・・ビタミンB1
  • レバー、赤ピーマン、ニンジン、ニラ・・・ビタミンA
  • 玉ねぎ、ネギ、ニンニク、ニラ・・・アリシン
  • 梅干し、レモン、酢・・・クエン酸

ビタミンB1は糖質をエネルギーに変える役割をします。ゆえに不足すると疲れやすくなります。ビタミンAは体の抵抗力、免疫力を高めるビタミンです。アリシンはビタミンB1を効率よく摂取する為に必要な栄養素ですし、クエン酸は筋肉などの疲労が蓄積した時に貯まる乳酸をエネルギーに変えてくれます。疲労回復には必需品です。

このように見てくると6月入梅のころからお店で出始める初カツオのたたきはこの季節にもってこいのレシピと言えるでしょう

  •  カツオ・・・ビタミンB1
  •  ネギ、ニンニク・・・アリシン
  •  ポン酢、レモン・・・クエン酸
  •  みょうが、大葉、ショウガ・・・香りの強い野菜

これに、玄米のご飯と消化酵素を助ける山芋のすりおろしを加えればほぼ完ぺきな湿邪除去料理の出来上がりです。長く食べ継がれてきた理由が分かります。

それ以外でも、豚肉のショウガ焼きやゴーヤチャンプールも効果絶大です。

和食、洋食、中華を問わずこれから新鮮な夏野菜の収穫と共にビタミンB1をたっぷり含んだタンパク質を加えるメニューでアピールしてみませんか。もちろんその効能とストーリーを付けて。ただ、あまりアピールしすぎるとお酒の売上が落ちるかもしれません。こちらは自己責任でお願いします。

台風を売上UPに変える飲食店とは

物件情報

お店をはじめよう 業種を決める ライフスタイル 相談する 開業情報 お金

  • このエントリーをはてなブックマークに追加