飲食店 雨の日に集客と売上を伸ばす「5つの割引」

飲食店 雨の日に集客と売上を伸ばす「5つの割引」

桜の頃花冷えといって寒の戻りがきます。ましてやその日が雨だと出かけるのも正直おっくうになりがちです。それでも以前から予定が入っていた酒宴では文句は言ってられません。雨の中をおしてたどり着いたお店が意外と居心地がよかったご経験ありませんか。お店は何時になくお客様はまばらで、店員の応対も余裕があり、注文した品もすぐに出てくる感じです。それが普段人気店であればあるほどそう思うものです。店側からすると、もしその日に雨ではなく晴れていたならもっとお客様が来てくれて売上が上がったのにと思うはずです。この両者のギャップを上手く埋められるいくつかの方策があります。お客様が考える雨の日に飲食店を避ける要因を5つの割引つまりインセンティブで解消する方法です。お店の規模や業種によりすんなり当てはまるものではありませんが、雨に日に売上を伸ばすヒントとしてアレンジをして頂きたいと思います。

さて、お客さんが雨の日に飲食店を訪れない理由はなんでしょうか。

雨に濡れてまで行きたいと思わない

雨日まで人を誘って行くほどでもない

もし晴れた日にしか飲食店を利用しない人がいたとすれば、雨が降っているという要素は普段に比べそれだけでマイナスということになります。なのでわざわざマイナスの日に飲食店にはいかないということになります。

もし、飲食店には一人ではいかないという人がいたとします。そのひとが雨の日でも飲食店に行きたいと思っても雨の日には飲食店にいきたくないと思う人は誘いづらいので声を掛けないという行動パターンが予想されます。つまりここに出現する阻害要因以上のインセンティブを飲食店側が造り出せばお客様は雨の日でも構わず来店してくれることになります。

繁盛する飲食店は知っている 雨の日 来客数をUPするには

タクシー割

2017年1月30日から都内のタクシー初乗り料金が2km730円から1km410円に引き下げとなりました。業界では画期的な改定と自画自賛です。長距離を乗るとどうなるのかという是非は今回さて置き、この初乗り410円に注目したいと思います。

雨がお客様を遠ざける要因の一つに「わざわざ雨の日にまで」というのがありました。ここを取り除きます。今回改正になった初乗り料金410円で乗れる距離1kmというのは都心では一駅分あります。そもそも、飲食店の立地で駅徒歩10分というと結構離れています。と言っても1分80mですから800mですので初乗りの範囲内です。となれば、雨が降って歩くのが億劫な人に向け、雨の日にタクシーで最寄り駅からお店に来ていただき初乗り分をサービスするというのが有効です。お客様にはお乗り頂いたタクシーのレシートを提示して頂き総額から差し引けばいいのです。もしくは、次回来店頂いた時に使える金券として500円分を出すというのもいいと思います。

人数割

雨がお客様を遠ざける要因の一つに「雨の日には飲食店に行きたくないという人を誘いづらい」というのがありました。今度はここを取り除きます。なんのインセンティブも無しにただ誘うというのでは芸がありません。ここは何人か集まれば割引になるインセンティブを使います。つまり雨の日でもお店に行こうという方が複数いてあと一人加われば人数割が受けられるという触れこみなら承諾してくれる可能性は高くなります。

例えば、3人以上で雨の日に行けば全品50円引きとするだとか、利益率の高い飲み物のなかから特定のメニューを半額にするだとかインパクトと利益率のバランスを見ながら決定されればいいと思います。この人数割は飲食店の規模や業種でバリエーションを加えて発展系を造り出すことが出来ます。予約割女性割などです。

予約割

雨の日、飲食店の悩みは稼働率をあげたいと言うことだと思います。それは、空いている席を極力減らしたい、厨房の稼働率を上げたいなどです。であるならお客様に数多く来ていただくことが一番の目標になります。狙うとすれば、まとまったお客様です。今の時期歓迎会などの2次会をどこにするのか迷うことがあります。それは以前と違い参加者全員が2次会参加ではなくなり、その日の盛り上がり次第で人数が決まるようになった為会場探しは一次会後となり難航します。そこで30分でも3日前でも例えば5人以上の予約で来店すれば割引をするというサービスが考えられます。最初の乾杯のドリンクをサービスしたり先程の人数割の様なサービスが有効です。お店側とお客様の思惑が一致するインセンティブです。

梅雨でも繁盛する飲食店 雨にも負けないメニューの作り方

女性割

人数割や予約割をあわせて女性に向けたサービスが業種次第では展開可能です。例えば、いつもデザート用意しているようなイタリアンやパスタのお店や軽食のおみせなど、日持ちしないデザートなどを廃棄するぐらいであれば雨の日は半額かワンコインで3個提供するだとかのサービスに女性3名以上ならワインを1本プレゼントといったインセンティブと組み合わせれば、逆に雨の日が繁盛する可能性があります。

レイト割

雨の日もう一つ飲食店を悩ます問題があります。それは夜の早い時間にお客様が帰られてしまう現象です。普段なら終電近くまで賑わうお店でも雨の日は数が少ない上に、帰られる時間も22時頃に閑散としてしまうことってあると思います。これも飲食店にとってみれば稼働率をこの時間帯に上げたいというものです。であれば、ハッピーアワーの様な早割の逆で、21時や22時以降に来店すると割引が受けられるインセンティブを付けることで改善される可能性は高いでしょう。ただ中身にも工夫が必要です。ハッピーアワーが他店に先駆けて1件目の飲食店に選ばれる為のインセンティブを用意したのは、食事を食べてもらえてお酒も飲んでもらえるからです。これに対し遅い時間に訪れるお客様はお腹もお酒もそんなには必要ないと考えられます。つまりいい食材や強いお酒を少しというものではないでしょうか。であるならば、プレミアムな品を割り引くサービスが来店頂く一番のインセンティブになります。プレミアムビール、シングルモルトなどの普段はちょっと高いかなと思っているお酒に、洋の飲食店であればチーズやプロシュートを提案するだとか和のお店であればカラスミや塩辛にその時間にだけ出す地方の銘酒などをプレミアム価格ではなくお手頃で提供できれば雨の日は二件目三軒目酒場となるはずです。

跳ね馬のマークで有名なイタリアの車メーカーがワインを作っています。その中にクルマと同じ真っ赤な色をしたブリュットつまりスパークリングを出しているのですが、とても甘くてデザートの様なお酒に仕上がっています。この珍しいブリュットを22時以降でないと提供しないというお店があったのですが、〆のラーメンならぬ〆のお酒として珍しさも手伝い2~3人で訪れることがあります。きっとそんなじらされ感も一つのインセンティブになるのかもしれません。お客様がお店を選ぶ要素に、サービスやインセンティブに対する客単価のバランスか好みによるメニューやお酒の銘柄を目指してきてくれるものとに分かれるような気がします。さて、雨の日はどのインセンティブでいきましょうか。

台風を売上UPに変える飲食店とは

物件情報

お店をはじめよう 業種を決める ライフスタイル 相談する 開業情報 お金

  • このエントリーをはてなブックマークに追加