飲食店舗専門情報サイト 店サポ

飲食店舗専門情報サイト

【街コラム・飲食店】田無駅周辺の店舗物件を探しながら街を散策してみた

tanashieki

Photo by Assorti

【街コラム・飲食店】西東京市 田無駅周辺の店舗物件を探しながら街を散策してみた

西武新宿線の「田無駅」。西東京市で一番乗降客数の多い駅で一日平均75,418人 (※1)ほど。また西武鉄道全体でも単一路線駅乗降客数トップ3に入っており、都心部へのアクセスの良いベッドタウンとして人気となっています。バス便が充実しているので駅から多少離れても通勤通学がしやすいのも魅力です。

今回はそんな田無駅の魅力を探ってみたいと思います。

(※1)2019年度乗降客数 西武鉄道ホームページより

1.田無駅北口周辺の利便性

北口側のエミオやアスタ、リヴィンなどの商業施設が充実しており大手飲食チェーンやスーパーが入っています。普段の買い物や通勤通学時の外食等、駅前の利便性は非常に高いです。北口再開発が完了したのは1996年ですが、とても綺麗で西武線沿線の中でもお洒落な雰囲気を感じます。

また駅前ロータリーからは各方面に多くのバス便が出ています。田無駅から電車では出掛けにくい吉祥寺にも1本で行く事が出来るのは魅力的です。

2. 駅付近小規模飲食店の業態傾向

駅から2~3分離れると個人商店が多く見受けられます。

歩いていると大きな通り沿いもさることながら、路地に入った場所にもお店があることに気付きました。居酒屋や焼肉屋、バル、カフェバー、スナックなど比較的にお酒の提供を主軸にした店舗が多かったです。その中に老舗のお食事処もちらほらと見かけます。テイクアウト専門のお店は少なく、このあたりは駅前とうまく棲み分けされている印象を受けました。

3.田無で飲食店を開業するなら

これから田無周辺で飲食店を開業するならば、街柄お酒を飲めるお店は相性が良さそうだとか思います。また、COVID-19の影響から出店需要の高まっている住宅エリアの今後を考えるとしっかり食事の提供ができることも多きな要素ではないでしょうか。リモートワーク化が進む事で宅配やお持ち帰り商品のクオリティもより大切になってきそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加