飲食店 たったひとつでも集客できる看板をつくる方法

飲食店 たったひとつでも集客できる看板をつくる方法

先日街を歩いておりましたら10年以上もその場所に設置してある飲食店の看板の話になりました。実はその看板あるラーメンチェーン店のもので、注意をして街をながめていると結構見かけるものなのです。ところがその看板の書き出しは中華と書いてあり次に焼肉という文字が並びます。メインの場所には大きく商品名とチェーン店名が入っています。それを見たある人は、中華料理のお店だと思っていたようです。有名なラーメン店の割には欲張った表示をしたせいで勘違いされていたようです。

飲食店の比較的シンプルな看板を見ただけでも人によって取り方が異なることが期せずして分かりました。世の中には宣伝方法や看板のあり方を書いた記事を目にすることはあるのですが、そもそも何を訴えればよいのか迷うことが最初にあるのではないでしょうか。

今回は、なにを訴求すべきなのかというところから考えて飲食店の看板造りを検証してみたいと思います。

看板の重要性

飲食店の宣伝をする役割の看板。例えばお店の入り口上部に掲げられている巻き看板、前面通りに突き出すように設置されている縦長やスクエアの袖看板、お店が通りから奥まっている場合の自立型看板のポール看板などいくつもの種類があります。今回は可動式のA型看板やタペストリーなどとは区別して固定設置タイプの看板に焦点を絞って考えたいと思います。

この設置看板にはいくつかの共通点があります。実はその共通点こそが悩みの種であるのですが。まず、これらの看板は飲食店がオープンする際に内装工事と一緒に施工されのが一般的です。また、お店の顔となる為ロゴやトレードマークなどを人に頼んでデザインしてもらうことが多く一度設置すると長い間更新されないという共通点があります。

飲食店がオープンする際の看板をどこまで考えて制作したのでしょうか。つまり、お店の存在を知らせる目印としてだけの機能しか考えていなかったとなると相当売上を損している可能性があります。冒頭のチェーン店を例に出すまでもなく何のお店かわからないものでは看板本来の売上貢献度は半分以下です。

もしこれから飲食店をオープンされようとしているなら、今後長きに渡り飲食店の宣伝塔として集客をしてくれる看板の依頼に際しどのような要素を含めるべきかよく吟味してオーダーすることをお薦めします。

繁盛する飲食店の宣伝手法 「アイドマ」を実戦する

看板制作のヒント① 来店する理由

ここまでお読みいただいても、店名とロゴと提供する料理以外に思いつかないとお思いの方もおいででしょう。ゆっくり考えてもそうなのですからましてやオープン前の忙しさでは看板まで気が回らないというのが正直なところです。さて、その絡まった思考をひも解きながら話を進めたいと思います。

最初に考えなければならないことは、店名と飲食の業種以外に盛り込まなければならない要素です。それは、「お客様がお店に訪れる理由」です。ここは大事な整理です。今後の飲食店経営の根幹をなす部分です。まずは自分自身でその答えを考えてみて下さい。居酒屋だからとか洋食屋だとかいうのでは答えになりません。具体的に何を提供するからお客様がわざわざ来店しお金を払いリピーターとなるその理由です。

この街には一軒も無い業態、同じ居酒屋でも食材の産地にこだわった料理をだすとかリサーチの結果周辺で一番安い価格帯で勝負するとか、高付加価値キーラーコンテンツで勝負するとか、オープンな立ち飲みスタイルで夕方早くからオープンお店にするだとか必ず街に受け入れられる内容で自分たちの強みを考えます。それこそがお店のアイデンティでありウリなのです。ただ思い入れのある店名と何の料理を出す店なのかだけでは何も伝わりません。そこには、こだわりと強みを書き入れることでお客様はその言葉、内容に惹かれて来店されるのです。

看板制作のヒント② 修飾語の活用

店名に提供する料理そして自分たちの強みが出たところで更にその言葉をパワーアップする必要があります。例えるなら、表情をつける、シズル感を出す、期待させる、差別化すると言った修飾語を添えるとより効果的です。

表情をつける

旨味が詰まった、キリっと美味しい、今までにない濃厚さ、こんがり、ホクホクなど味に表情が付くような言葉を添えることで人は自分が体験した味や料理と無意識のうちに比較をします。その記憶を呼び覚ますことが出来れば集客出来たも同然です。

シズル感

例えば調理方法でいえば、備長炭でじっくり焼いただとか、注文を頂いてから土鍋で炊いただとか身近にはないけれどもイメージとして想像できる内容が唾液を誘います。また、こだわりの素材なども効果的です。丁寧に育てられた宮崎産尾崎牛と書いたり、三陸は宮古港直送とか同じ食材や料理でも受ける印象が格段に変わります。

期待感

第三者評価を看板に入れるのも分かりやすいでしょう。絶品とか極上とか自他で評価した等級を修飾語として付けるのは勿論、世界が認めたとか1000年続く伝統の味だとか具体的な言葉が道行く人の興味をそそります。

差別化

ある意味一番分かりやすいかもしれません。量や価格、バリューといったものを表現します。ボリュームたっぷり、一串80円~、豪華マグロ3点盛り800円など具体的に表現することでお店の商品を具体的にストレートに訴求することが出来ます。

飲食店 の開業 、さて 宣伝 方法はどうする?

シンプル&インパクト

冒頭のチェーン店の看板でもあったような誤謬を起こさない為にも内容は吟味したうえで一番勝負したい部分を表現しましょう。あれもこれもと欲張ってはマイナス効果です。まだ訴えたい内容や料理があったとすれば、A型看板やタペストリーなどに内容を分けて見せた方がお客様はインプットしやすいハズです。また、インパクトという意味ではドギツイ色の組み合わせというのではなく目立たせるところとそうでないところのメリハリを心がけて下さい。特に看板制作のヒント②でお話しした修飾語などはなじみやすく、この一言だけは色を変えたり、文字を立体的にするなど強調する工夫やフォントなどの字体を変えて目立たせる工夫などが良いでしょう。

最近では、店名に地方都市の名前を入れる飲食店が増えているそうです。都内で見かける福岡〇〇や北海道〇〇、能登〇〇など店名だけでその土地の名産品や郷土料理に地酒などを連想させる上手いやり方です。つまり看板効果と同様な発想が店名のネーミングにも生かされているということなのです。その意味で看板のインパクトやお店のネーミングが一番伝わるのがラーメン業界や居酒屋業界ではないでしょうか。素材や味付などが一瞬で分かる工夫が凝らされています。もし気になった方は今一度ラーメン店や大手の居酒屋の看板をじっくりとながめてみて下さい。きっといいヒントが見つかるハズです。

手間をかけない 飲食店のWeb集客でお店繁盛

物件情報

お店をはじめよう 業種を決める ライフスタイル 相談する 開業情報 お金

  • このエントリーをはてなブックマークに追加