繁盛する飲食店 小規模店舗でも「花見」で稼ぐ方法とは

繁盛する飲食店 小規模店舗でも「花見」で稼ぐ方法とは

東京もあと数日で桜の開花宣言がだされる模様です。何時の間にか咲き始めて満開を迎えひっそり散って行く梅とは違い、一斉に咲き始め一気に満開、雨が降ったり風が強く吹こうものなら一気に散ってしまう桜。
古来よりい潔いいと言いますが、何とも慌ただしい限りです。そんな桜の花はこの時期最高の集客装置に変身します。公園で堤防で境内でいたるところで咲き乱れる桜の花に、吸い寄せられるように日本人は集まってきます。

そんな期間限定の集客装置を飲食店は見逃すはずはありません。
今回は、桜の開花前に飲食店が仕込める企画を中心に考えて見たいと思います。

繁盛する飲食店は知っている 年間を通じて売上を安定させる方法

存在感増すケータリング

以前店サポ内の記事でも書いたのですが、このところケータリングサービスが進化しています。スマートフォンのアプリを使い、注文した人の現在位置をGPSで検出し届けてくれるというサービスです。昨年の早い時期からこのサービスを始めたのがドミノピザでした。
運ばれてくるピザの現在位置もわかるのでチョットゲームのようで楽しめます。

今年このサービスで花見を盛り上げてくれそうなサービスを展開しているのが「UBER EATS(ウーバーイーツ)」です。

UBER EATSUBER EATS
https://www.ubereats.com/tokyo/

タクシー版LCCとでも言いましょうか、全世界を舞台に日本で言う白タクの配車をして大当たりしている会社が日本で始めたサービスです。現在、港区や渋谷区、新宿区、千代田区、世田谷区、目黒区など配達エリアを拡大中です。具体的には、レストランパートナーと呼ばれる飲食店の料理を1000人を越えるこれまた配達パートナーと呼ばれるアルバイトさん達で運んでくれます。
予めクレジットカードを登録する方式ですから、花見の現場でもキャッシュレスで注文が可能です。
もっとも、サービスエリア内の花見スポットに限られますが。注文後料理を注文した人の携帯電話のGPS位置情報を読み取り、ピンポイントで運んでくれます。相当便利なこと請け合いです。

花見と言えば、カクヤスと言う方も多いでしょう。ビール一本から届けてくれます。但し、都内であれば公園内での配達が条例で禁止されている販売にあたらないように入り口付近を指定して配達してくれます。例えば、代々木公園などは4つの門が受け渡し場所に指定されています。ここのいいところは、つまみに氷、コップにお箸もお願いすれば届けてくれるところです。

飲食店 これからどうなる 「 出前 」・「デリバリー」・「宅配」

小規模飲食店が出来る花見対策

さて、大手の独壇場と指をくわえてその姿を眺めるだけではもったいないと思います。小規模な飲食店もこの機会をチャンスに変えられる対策を考えて見ましょう。

近くに花見スポットがあるようなら「花見おつまみセット」の販売を考えてみて下さい。会社でまとまった人数の花見をやる幹事になった方ならお分かりだと思いますが、結構大変です。花見をする場所を確保することはもちろん、冷えたビールに熱燗になるような日本酒の手配、コップや氷、箸にゴミ袋など結構な数になります。毎回頭を悩ませるのがメインになる料理です。予算がありますから安くてそこそこ量があるものが望ましいのですが、焼き鳥だけのまとめ買いやお寿司の盛り合わせだけでは今一つ幹事の株が上がらないという憂き目にあいます。

この上手くいって当たり前の花見幹事を助けるのが小規模飲食店の腕の見せ所です。普段から数人で飲みに来られる常連さんに向けて、今年は花見のパーティーセットを承りますとチラシを作るのです。人数、予算はご要望にお応えしますと書いて、10名の標準セット例えば、5,000円コース(オードブル詰め合わせ、焼き鳥〇本、寿司〇貫、サンドイッチ〇個。。。)と受け付けるのです。メンバーの顔触れで中身を肉系に寄せたり、逆に鮨系に寄せたりのアレンジをきかせることで柔軟に対応します。注文時に前払いしてもらえばキャンセルの心配もありませんし、当日はその料理を引き取りに来ていただくことで店の営業にも影響が出ません。

この予約セットのいいところは、ランチボックスなどと違い1階路面店でなくても注文が取れるところです。更に注文を頂いた幹事さんに、花見の後でも別の日でも利用可能なサービス券などを人数分お渡しすれば次の営業につながります。最初の一杯無料でも、飲み物全品50円引きでも原価率と相談して決めてください。

飲食店の閑散期 2月 ニッパチ  を繁盛に変える発想とは

休日、友人や家族でのお花見

休日の花見はだれと行くでしょうか。家族で、友人と、町内会でと様々な組み合わせがあります。なかには花見のハシゴという猛者もいます。家族であればお母さんやお婆さんの手作り弁当となりますが、その他はコンビニで買い込んだり、スーパーマーケットで詰め合わせを買うなど様々でしょう。

ここでも小規模飲食店の出番です。
考え方で言えば和洋折衷のお節料理のイメージですが、よりカジュアルに手でもつまめるものがいいと思います。一つ問題があります。宣伝方法です。
どれほどの受注を見込むかによりますが、新聞の折り込み広告を利用する方法があります。チラシ自体は自分で作る必要がありますが、周辺の地域の何丁目から何丁目までと指定が出来ます。印刷代と併せても数万で済みます。
もしくは郵便局が始めている新しいサービス、配達地域指定郵便のタウンプラスです。これもなん丁目に送るのか指定をすれば、封書でもハガキでも好きなスタイルで住所を書かなくても配達してくれます。新しい顧客開拓手法としても注目されています。

まだある 飲食店 手軽にできる 宣伝 方法 6選

桜が開花すると、「皇居のお堀 千鳥ヶ淵の 桜が咲き始めました」というたった3行の広告を新聞に21年間出し続けたホテルがありました。
都内にお住いの方でご年配の方ならご存知の方も多いと思います。今は億ションに建て替わってしまったフェアモントホテルの広告です。この広告を見つける花見の準備というある種の風物詩でした。継続は力なりという諺もあるように毎年桜の時期に花見セットを売り出せば、リピーターは必ず生まれますし、普段の営業にも十分プラスになると思います。
もっとも冷える夜桜の花見に使い捨てカイロをサービスするようなホスピタリティーが繁盛につながる秘訣かもしれません。

忘年会でリピート客を増やす6つのアイデア

物件情報

お店をはじめよう 業種を決める ライフスタイル 相談する 開業情報 お金

  • このエントリーをはてなブックマークに追加