東京都の 創業 助成金 を活用する

Photo via VisualHunt

Photo via VisualHunt

今年2015年4月に第一回目の募集が始まった公益財団法人東京都中小企業振興公社の 創業 助成事業について、まだあまり知られていない概略と攻略法を説明いたします。

東京都の目的は開業率向上

昨年末に東京都が「東京都長期ビジョン」を掲げました。中に経済の活性化と題し、起業・ 創業 を促進させるべく、都内開業率を米国並みの10%台を目指すとの文字が。これを受けて東京都中小企業振興公社が「 創業 活性化特別支援事業」の一環として、 創業 予定者もしくは 創業 間もない中小企業者に 創業 期に必要な経費の一部を助成するとのこと。あくまでも 助成金 ですので返済の義務はありません。

創業 期に必要な経費の一部が助成対象になる

  • 人件費
  • 賃借料
  • 広告費等
  • などの 創業 期に必要な経費の一部

具体的には、正社員は月額35万以内、アルバイトは時給1,000円以内や賃借料のうち敷金、礼金などは除外など細かな指定があります。しかし、会社設立登記費用、定款認証料、ホームページの制作料など広い範囲で助成するとあります。

申請要件とその最大のポイント

都内での登記や商法上の中小企業であることはもちろんですが、東京都が運営する 創業 支援施設に入居しているかだとか中小企業振興公社が行っているゼミナーへの参加やサポートを受けたとの実績証明などが求められます。唯一と思える申請要件が東京都信用保証協会から 創業  資金を借りている実績がそれにあたります。いずれにせよ、早くから準備して申請要件をみたす準備をしておかないとスタートラインにつけないことになります。

助成金 の交付を受けるとるための条件

助成金 の交付は、事業に先立って支払われるものではなく、最短でも1年以上、最長で2年間の実績をみて判断されます。これは、 助成金 申請時にどの項目のどれだけの期間を対象にして助成してほしいのか申請をします。期間終了後実績が精査されやっと実行となります。 創業  金資金需要旺盛な時期に必死で耐え、最終的に計画通りなら助成金の交付となるのです。少々回りくどく感じますが、確実に 創業 から軌道に乗る会社だけに与えられるご褒美とでも言えるでしょう。

受理された数の約50%が 助成金 を受け取っている

損益計算書や事業計画書などザックリとした内容ではなく相当作りこんだものを用意する必要があります。あまり得意ではないという方には会計事務所に手伝っていただくくらいでちょうどいいかもしれません。こぼれ話で恐縮ですが、今年春の第1回目の助成対象者が少なかった為に10月に第2回目の募集を公社は行っています。噂では、申請が受理された数の約半分が助成対象となっているようです。たぶん毎年4~5月ごろに 助成金 の発表があると思います。公社のホームページをチェックしてみて下さい。

物件情報

お店をはじめよう 業種を決める ライフスタイル 相談する 開業情報 お金

  • このエントリーをはてなブックマークに追加