飲食店 4月の歓迎会対策 選ばれる繁盛店の秘訣

飲食店 4月の歓迎会対策 選ばれる繁盛店の秘訣

4月と言えば、新学期、新年度が始まる月です。これに伴い入学、入社が一斉に行われます。新しく組織に加わるという意味では、人事異動も一番多いのが4月です。大学などは、各サークルの勧誘活動が盛んで、お決まりの新歓コンパで大学近くの飲食店は大賑わいです。会社で言えば部署単位での歓迎会に新入社員であれば、社長、役員との食事会などが行われることが多いのではないでしょうか。今月の中旬から下旬にかけてあちらこちらで行われる歓迎会の会場に選ばれる秘訣を今回は考えて見たいと思います。

〇〇名様以上で「貸切り」可

最近貸し切りが出来るお店が増えています。もちろん需要があるかではありますが、いったいどういった需要なのでしょうか。そのカギを握るのがSNSと言われています。

これまで会社やサークルの歓迎会というのは大手居酒屋チェーンの大広間か個室を繋げてというのが相場でした。古来日本人には無礼講や酒の席でのことなどお酒を伴う会に寛容な部分がありました。そのせいか羽目を外すことも大目に見られてきたのですが、SNSが流行り始めてから風向きが変わって来たようです。誰でも手軽に写真をネット上にアップできるだけに、お店で騒いでいる様子をSNSに投稿されるリスクを避けるように大手はなっていると言われます。また、コンプライアンスに神経をとがらす大手も増え始め酒の席と言えども行動規範を遵守させるような風潮になっています。だからこそ、外部の目や、社員同士の会話が外に漏れない「貸し切り」が俄然クローズアップされているようです。今の時期店先で貸し切りが出来ることをアピールする看板は絶対に必要です。

禁煙・分煙の出来るお店

今年に入り受動喫煙防止法を国会で通過させようと厚生労働省が躍起になっています。ある大学が全国1万人に対して行ったアンケート結果で、実に4割の人が、全面禁煙を支持していることがわかってきました。女性のなかには、髪にタバコのにおいがつくのを嫌がる人やそもそもタバコの臭いや煙が苦手という方は非常に多いように思います。今の流れから言って基本は禁煙が望ましと思います。もし可能であるなら分煙という選択肢はあります。ただその場合でも煙が室内に流れ出さないよう、個室を臨時で喫煙所にすると言った気配りが必用です。

早割りサービス

飛行機のチケットなど一般的には高いと思われているものを一定期間前に予約することで半値以下にするというサービスがあります。これは、今までコスト高さ故逃がしていたお客様を新たに囲い込む手法として有効です。少し敷居の高い飲食店等がまとまった数の歓迎会を受けるにはもってこいのアイデアです。

歓迎会をリピーター作りに生かす

折角大勢の方にお店を知ってもらったわけですから、これからもリピーターとしてご来店いただけるように知恵を絞りましょう。例えば、3名以上で来店の場合は最初の1杯目は無料券やワインを出すお店なら同じく何名か以上であればワイン1本サービスなどの券を配ってみてはどうでしょうか。歓迎会のあと同期や同学年同士で集まることも多い時期ですし、初めてのお店をチョイスして不評をかうリスクを考えるとおそらく一度皆で集まった場所に結果なりやすいものです。そこを選びやすくするインセンティブとなる割引チケットが結構活躍してくれるハズです。

初任給で感謝の食事会

歓迎会からは若干逸脱しますが、同じ4月のイベントで言えばこの初任給は外せません。これまで一生懸命育ててくれたご両親へ感謝の食事会などお店側からの提案ベースで成立する企画です。大方の給料日は25日ではないかと思います。その25日を過ぎて迎える最初の週末が狙い目です。今年は29日昭和の日という祭日になります。(昭和の頃は天皇誕生日でした)ここにランチを企画してどうでしょうか。普段のランチを少々グレードアップさせて価格は据え置きにするだとか、最初の乾杯用の飲み物にシャンパンやスパークリングワインをお店からサービスもいいですが、名古屋から最近関東に進出してきているステーキハウスの様にお店で記念写真を撮影してお客様がお帰りになる頃までにポートレートスタンドにお入れしてプレゼントするのもいい思い出とリピーター作りに欠かせません。オフィス街のお店というより最寄り駅近くや住宅街に近い飲食店の方が企画しやすいかもしれません。

季節のイベントは告知することが一番重要になります。現在登録をなさっているグルメサイトなどへ告知を出すようにしましょう。また店先でも積極的な告知が必須です。いつものA型看板にプラスして貸し切りや歓迎会が出来るお店であることの告知と予算や料理の概要が書かれたリーフレットなどを用意しましょう。意外とこのリーフレットがいい営業をしてくれます。やはり周辺の企業や大学の方が一番利用してくれるお客様ですからすぐに結果が出ると思います。

駒澤にあるイタリアンレストランでのお話ですが、そのお店は25席程の規模です。毎年3月4月は特別で、週末の土曜も日曜も貸し切りの需要がある為お店を開けるそうです。お客様は周辺の学校関係の集いが多いようです。また週末も企業の貸し切りが入るとのお話です。売り上げも普段の3割増とのことでした。やはりこの時期歓迎会は見逃せません。

物件情報

お店をはじめよう 業種を決める ライフスタイル 相談する 開業情報 お金

  • このエントリーをはてなブックマークに追加