飲食店 女性の独立・開業 3つの成功例と知っておくべきこととは

SAYA0I9A8798_TP_V

飲食店 女性の独立・ 3つの成功例と知っておくべきこととは

不動産から見る女性の変化

これまで都心で新たに分譲されるワンルームマンションの一番の買い手は富裕層など投資用が主でした。最近は、女性がご自身の為にお買いになるケースが増えています。これにはいろいろな考え方があっての決断だと思いますが、一つ言えることは、女性がご自身の為に資産形成を考える時代になったということです。不動産業的に言えば、都心の一等地のワンルームマンションであれば、自己使用しなくとも賃貸として借手に困ることはありません。当然賃料でローン返済は十分可能です。資産価値が上がれば売却益も見込めます。こういった金銭的、財産的自立マインドが急速に多くの女性に広がりつつあるのではないかと想像しております。

こんな感覚で以下のお話をお読みいただくとより理解しやすいのではと思いこのエピソードを書かせて頂きました。

学芸大学 日本酒BAR

その女性は、大手の社員食堂や教育機関でメニュー開発などを手掛け、お客様に一番受けの良いメニューを常に研究されてきました。資金も開業に十分なところまで期間を限ってコツコツと蓄えてこられたようです。ただ、イメージに合う物件がなかなか出てきません。もちろん価格面や広さの面などもありますが、一戸建てに拘りがありマンションやオフィスビルの中にある店舗は全て検討外です。そこに築40年を超える古民家風の物件が出てきたのですが、最寄り駅からは15分近く離れています。住宅街のど真ん中といった立地です。初めて飲食店で独立・開業をする場所としては相当ハードルが高い場所です。周辺を調査した後、出店を決意されるのですが、お決めになった理由を伺ったところ納得の回答でした。

前面道路が夜タクシーの抜け道となっていて、何処かで飲んでタクシーで帰る方々に気づかれやすいのではとお考えになったようです。また、住宅地は夜になると灯りが少なくなるためお店のサインが浮き上がってインパクトが出ると仰ってました。また、炊き立てのご飯に美味しい味噌汁を休日にお出しすることで周辺にお住いのシニア需要を掘り起こせると判断したようです。

結果、飲食店を扱う雑誌に引っ張りだこの人気店となり現在も盛業中です。

飲食店 開業融資の裏技 経営革新等支援機関を狙え

戸越公園 ベーカリー

こちらの女性は開業という意味では先輩格の方です。1店舗目を軌道に乗せ、2店目をご自宅の近くにオープンなさいました。開店資金は日本政策金融公庫から半分ほどを借入るなど慣れたものです。この開店で重要なポイントは立地でした。まず、周辺に同種のベーカリーがないことと駅近くで人が来やすい場所という条件設定から大手スーパーマーケットの脇をチョイス。小料理店だった居抜き物件を一度スケルトンにして一から作り直しています。近くに住む私の知り合いもやっと美味しいベーカリーが出来て重宝していると言っております。さすが自宅近くの地の利を生かした発想と選択だったと思います。また、この女性SNSに通じてらっしゃいまして、お店を出す場所を決めたところから、工事途中をオープンまでFaceBookで公開されていました。どうやらオープンまでの良い宣伝になっていたようです。

鎌倉 カフェ

どうしてもカフェをやりたい。その女性は都心ではなく観光名所近くでカフェを始める決断をします。普通でも飲食店舗物件を探すのは時間がかかる作業ですが、その彼女はあることをして物件を手に入れることに成功します。当時ブティックなど物販専用とうたわれていた物件で尚且つ自分が想定しているよりも高い賃料の物件に目をつけ、大家さんに直談判したのです。最初は飲食店に難色を示していた大家さんも彼女の情熱に負け、保証金や賃料を大きく減額していただけることになり晴れてカフェを開業することに成功したのです。

後日お会いした時に伺った苦労話を披露させていただくと、内装をスケルトンからデザイナーを入れて造りこんだ関係で初期投資が膨らみお店としての見栄えは良かったもののその後の運転資金面では大きな足かせとなったと仰ってました。その一方で、休日や連休の頃になるとランチとカフェだけで1日100名を超える来店数があると言うのです。その数に慣れるまでは心が折れそうなぐらい忙しかったと振り返ってらっしゃいました。

3名の女性に共通する点

ご自身が始めたい業種についてどこで開業すべきか徹底した事前調査を行っているところです。ともすれば、通行料の多い場所ならどこでもOKという方が多い中で、街とご自身の商売が折り合いのつく場所を決めてから物件探しに入られています。少々時間がかかってでも探す根気と大家さんを口説き落とすほどの執念さえ感じられます。

物件を取得された後は、三者三様です。自己資金ですべてを賄う、借入金で余裕の開店、かたや最初にイニシャルをかけすぎてその後苦労されたなど様々でした。

最近気になるお客様

お二人とか三人で物件を見に来られる女性方が増えているように思います。お話を伺ってみると、業種はカフェ、喫茶など軽飲食系がほとんどです。ご関係は同級生や職場の同僚と言ったところです。なぜか役割分担が出来ていています。調理する人、ホールをやる人、お金出す人みたいな感じです。

夢がちゃんと共有出来ていて厳しい現実も受け入れられるほどお話が出来ているのなら何も申し上げませんが、大抵はいいことしか考えていません。大切な友人と長くお付き合い出来るよう最初に、経営が苦しくなった時の運転資金の工面方法やお客様に来て頂けるための宣伝方法をよくシミュレーションしておかれることをお薦めします。なぜそんな心配をするのかというと、お店をお閉めになる時は大抵お一人になられていることが殆どだからです。つまり、たとえ一人になってもお店を続けるぐらいの強い気持ちがないと上手いかないということなのです。お気に入りのお店が見つかるまで一杯時間はあります。それこそ一杯話し合ってステキな店創りを考え出してください。

飲食店開業 商圏調査は本当に必要か

物件情報

お店をはじめよう 業種を決める ライフスタイル 相談する 開業情報 お金

  • このエントリーをはてなブックマークに追加