飲食店 やめてしまおうか 閉店しようかと考える前に読む記事

飲食店 やめてしまおうか 閉店しようかと考える前に読む記事

やめてしまおうか、閉店しようかと迷う原因は概ね二つに分かれます。売上不振や利益が出ないなど経営上の理由か、ご自身の病気や体力が続かないなど健康上の理由でお店に立てなくなることに分けられます。後者は急を要する場合があり、どうしようか迷っている間に時間が経ってしまい、後で早く決断すればよかったと後悔することになります。それに比べ売上不振や利益が出せないといった経営的な悩みは改善の余地がおおいにあります。

今回は店サポのサイト内にございます記事からタイトルに沿ったまとめ記事をお送りいたします。参考になさって下さい。

大切なお店、閉店移転JPは誠意とスピードで真剣買い取り致します!

閉店をする飲食店 廃業原因はこれだ

運転資金に関する知識がポイントとなります。出て行くお金と入って行くお金のタイミングがズレルことにより月末に一体いくら手元に残るのかが分からなくなると言います。これを防ぐ為には数ヶ月先までキャッシュフロー表を作ることをお薦めしております。キャッシュフロー聞くと途端に拒絶反応を示される方がいますが、実際にお金の入出金を暦に落とし込む作業です。すぐに習慣化できる作業で経営改善が図れます。

閉店する飲食店の 廃業原因・対策はこれだ

【業界人が語る】3年目の飲食店が閉店する理由

飲食店をオープンして1年未満に閉店をする割合が35%という事実をご存知でしょうか。この場合、固定客がつくまでに運転資金が尽きてしまい閉店というケースがほとんどです。次に閉店をされる割合が高くなるのが実はオープンから3年を過ぎたあたりなのです。実に20%を越えます。しかしオープン1年未満と違い概ね順調だったハズがどうしてそのようなことになるのでしょうか。

端的に申し上げると飽きられてしまうことに原因があります。新しいメニューや季節の素材を生かした期間限定のメニューを定期的に提供することでリピート客の足を遠ざけない工夫が重要ですが、残念なことに工夫を凝らしていても徐々にリピート客の来店インターバルは長くなり結果的にその数は減退し売り上げは下降線をたどることになります。どうすればよいのでしょうか?その答えがここにあります。

3年目の飲食店が閉店する実態と理由【業界人が語る】

売上不振で閉店する飲食店には「5つの共通点」がある

本来飲食店という業種は、売上に対する利益率が他の業界よりも高いといわれるわけですから本来はもっと儲かるハズなのです。なぜそれが実現できずに閉店をするのか、実際に閉店するお店を訪問した際に感じることをまとめてみました。もし心当たりがあるようであればすぐに改善することをお薦めします。

飲食店 売上不振で閉店する「5つの共通点」はこれ!

次々と閉店している飲食店には6つの法則がある

飲食店の閉店理由に立地をあげる方が多いのに比べ、成功している飲食店に成功の理由を伺うと立地をあげられる方はまずいません。とは言え立地はいいに越したことありません。不振の理由を立地に求める前に気が付かなければならないことがいくつもあります。その中でも特に傾向の強い共通項を6つにまとめております。もし、この6つの内3つ以上該当する飲食店は危険シグナルが点灯していると思って間違いないでしょう。

次々と閉店している飲食店には6つの法則がある

飲食店の閉店 知らなかったでは済まされない届出・手続きとは

閉店を決意した時から閉店まで時間があるとないに拘わらず、必要な届出、手続きがあります。なかには手続きを忘れて放置してしまい後から請求が来てしまった、呼び出し状が届いたと聞くことがあります。実は、飲食店を閉店する為には、開店時に行った届出や手続きと同じかそれ以上の手続きが必要が必用となります。

閉店にはいろいろな事情がありますが、何人もの方が数年後にリベンジをはたして飲食店を再開されています。そんな時に前の閉店時にちゃんと手続きが行われていないと面倒なことになりかねません。今後マイナンバーが普及すればたちどころに分かってしまいます。飛ぶ鳥後を濁さずと覚えておいてください。

飲食店の閉店 知らなかったでは済まされない手続き・届出とは【業界人が語る】

閉店移転.jp

物件情報

お店をはじめよう 業種を決める ライフスタイル 相談する 開業情報 お金

  • このエントリーをはてなブックマークに追加