繁盛する飲食店は知っている 卒業式のあとの食事会

繁盛する飲食店は知っている 卒業式のあとの食事会

3月、梅の花が満開になる頃卒業式のシーズンを迎えます。上旬から中旬にかけての短い間に全国で一斉に卒業式が執り行われます。幼稚園に保育園、小学校、中学校、高校、大学と卒業される皆さんに加えその親御さんも加わり卒業式に関わる人の数は相当な人数に登ります。皆さんもご経験があるように謝恩会や食事会、仲のいい友達同士で繰り出した居酒屋等々それぞれのステージで最後の集まりがあったと思います。また子供を持つようになり親御さんだけの集まりも経験されることもあろうかと思います。

卒業式と飲食店とは切っても切れない関係にありながら主催する側が主導しているように思える食事会や謝恩会。逆に飲食店の側から積極的にアピールできる部分が大きく残っている分野でもあります。今回は、卒業式終了後に催される食事会に焦点を絞って考えてみたいと思います。

繁盛店する飲食店 町内会との上手な付き合い方

卒業式の時間帯

幼稚園であれ小学校であれ高校であれ卒業式は午前中に行われることが殆どです。学校により9時スタートだったり10時スタートだったり式辞進行により異なるようです。ただ終了の時間は12時から12時30分というのが圧倒的に多くその後解散となります。確かに、卒業生全員に卒業証書を渡すのであれば2時間はかかるでしょうし、代表が証書を受け取った後、教室に戻り担任から証書を受け取るタイプの卒業式は早く済みます。ただ大学だけは事情が異なるケースがあります。学生が多い学校や、卒業式を行う建物の収容人数の関係で午前と午後に分かれたり、3部にわたり学部ごとに行うケースなど大学ごとに事情が異なるようです。

謝恩会・食事会の実態

これにはいくつかのパターンが存在するようです。クラス単位というもので組織的に行われるものであったり、クラブ活動の単位でこれとは別に行うものもあります。幼稚園や保育園のように卒業する子供が小さい場合は、親だけで先生を囲んでの会も催されているようです。その開催場所もバラエティーに富んでいます。教室でケータリングサービスや仕出し弁当というものや近くの会館の広間、中にはホテルの広間を借り切ってというものまであります。一方、飲食店貸し切り派も多いようです。父母会や懇親会などで在学中に利用して来た飲食店を利用する傾向にあるようです。小学校から高校まではお子さんがお酒を飲めない分親御さんだけがお酒を飲むというのはなかなかハードルが高い様で、その意味ではお酒がメインの飲食店などは敬遠されがちで、食事メインのお店が選ばれているようです。また、食事会は様々なつながりで行われているようで、卒業式当日に拘わらず日を改めて小さな単位で開かれている実態が浮き彫りになっています。必然的に、卒業式を挟んで複数回これらの食事会に参加される方も少なくないということです。

繁盛する飲食店の宣伝手法 「アイドマ」を実戦する

飲食店の取り組みについて

食事会の実態を見て参りましたが一つのキーワードが見えてきました。それは在学していた期間に何らかの縁があって利用したことがあるということです。理由を考えて見ます。気心が知れた少人数もあれば相当数集まる食事会もあることからある程度開催場所や利用対象として納得が得やすいことがポイントになっていると思われます。まったく初めての飲食店や仕出し弁当などで不評を買うような内容だと幹事さんはじめ折角の思い出の集まりにキズが付きかねないからです。なので代々利用されてきた飲食店や仕出し弁当、ケータリングとなることは想像に難くないでしょう。

つまり、普段から学校関係者(先生、生徒、親)に営業活動をしておくことで卒業式当日や前後の食事会を射止めることが出来るという結論になります。

では具体的にどのような取り組みが出来るのでしょうか。

なかなか後発で参入が難しいと言われている学校関係ですが方法はあります。学校には事務局や総務部と言われる名前の部署が必ずあります。教鞭をとる先生以外に学校の雑務や行事を仕切っているところです。職員室とは別に正門の近くに職場があり外部の人間との接触を一手に引き受けています。まずは、そこにサービス内容を書いたメニューなどを届けるところからスタートです。声がかからなくても数ヶ月に一度は新しいものを届けるか事務局あてにダイレクトメールを送るのです。飲食店周辺の保育園、小学校、中学校、高校、大学と場所によっては20校をこえる地域もあるはずです。まずは実績を作るところから入って行き徐々に大きな付き合いに伸ばしてゆきましょう。

もう一つは卒業を控えた関係者に向かっての発信が重要です。学校の通学路や生徒さんが行きかう場所であれば、今の時期から謝恩会、食事会承りますと大きく宣伝をしておけば必ず目に触れます。普段お店に来られるタイミングでも、毎年同じ時期に食事会、謝恩会の特別メニューや特別料金で貸し切り歓迎としておけば、徐々に認知度は上がり利用される頻度が上がってきます。

飲食店も想い出作りに一役

ただお店を利用してもらうだけではなく、あの店ならこんなサービスがあるから利用しようというインセンティブを用意したいものです。何か高額な記念品ではなくちょっとした心遣いでいいのです。例えば、お店を利用いただいた様子や集合写真をお店のホームページからダウンロードできるようなサービスや幹事さんへ代表して送るサービスなどで十分喜ばれるはずです。また、実際に提供されているサービスですが、食事の最後に出されるデザートを出来合いの物ではなく、卒業される学校やクラス、部活名をデザインしたケーキに花火を添えて最後の演出をするというサプライズがあります。費用対効果は検討頂くにせよ良いヒントになるのではないでしょうか。

大学生が卒業式を迎えた後、部活やサークルに入っていない学生君たちはゼミ単位で追い出しコンパ(死語ですか?)をすると言います。また、ゼミの仲間と近くに小旅行というのも最近のトレンドのようです。例えば観光地や景勝地などで営業される飲食店などは卒業旅行で訪れた学生諸君を割り引くサービスなどがSNSの拡散で急速にお客様を獲得する起爆剤になるかもしれません。今の時期何が彼らに受けるか、年々歳々試行錯誤を繰り返すことで徐々に売上に貢献してくれる季節となるハズです。

繁盛店は知っている 飲食店舗 「 予約キャンセル 」との付き合い方

物件情報

お店をはじめよう 業種を決める ライフスタイル 相談する 開業情報 お金

  • このエントリーをはてなブックマークに追加