飲食店舗 こんな不動産仲介会社 とは付き合うな

pak86_denwataiousuruboss20141123103458_tp_v

photocredit:pakutaso

飲食店舗 こんな不動産仲介会社 とは付き合うな

先日、飲食店舗の契約現場に同席しました。建物の大家さん、当該店舗を借りる借主さん、仲介をする不動産会社、大家さんから不動産の管理を任されている不動産会社(ここではA社とします)がいます。

このA社、地元では30年以上営業している老舗の不動産会社とのことですが、契約時に宅地建物取引士の主任者証の提示はしない、契約書の内容と要約を説明する重要事項の説明も殆どやらない、それどころか契約書が別の取引で使用したものをよく確認もしないで使い回したようで、実状に合わない箇所が何カ所かある始末です。

更には、敷金の預り証を領収書で代用し出してくる始末です。挙句の果ては収入印紙も貼らずに渡すのでした。その不動産会社を使わなければ物件を借りられないとは言えそんな会社とは関わりたくなですね。

今回は、できれば関わりたくない不動産会社の特徴を披露いたします。是非参考になさって自己防衛してください。

避けたい 不動産会社 のサインとは

最初のうちは気づかないのですが、徐々にサインが出てきます。

 ・会社に電話をしてもなかなか折り返しの電話が来ない。
 ・携帯電話に出ない。留守番電話にもならない。
 ・こちらの質問に対する回答に時間がかかる。

一人で何件もの案件を抱えていて、仕事が回っていない状態だからこうなります。物件の確認事項を怠ったり大家さんに交渉条件が伝わっていないことが往々にしてあります。これらは契約寸前か契約後に発覚するケースがほとんどです。

内見の途中、突然頼んでもいない物件を見に行こうという

飲食店舗を検討なさっている方が実際に物件を見に行くことを業界用語で「内見」(ナイケン)と言うのですが、予めチョイスした物件に、アポイントを取って見に行くのが一般的です。

ところが予定した時間も早々に次を急かします。そして、途中にいい物件があるからチョット見て行きましょうと言い始めます。この仲介会社はなぜそのようなことをするのでしょうか?

大半が、そこを成約すると手数料が2倍もらえるような物件だからです。当然、借り手がつかなくて困っている物件です。

ネット上に並ぶ 飲食店舗居抜き物件の見方、不動産業者の選び方について

内見に行く前に(見る前から)申込書を書いてくれと頼む 仲介会社

いくつか理由が考えられますが、例えばある飲食店舗が気に入り実際に内見する際、先行して検討している方がいると分かると、その人よりも先に申込書をいれて自分たちが有利になるために使うケースがあります。

これは絶対にやってはいけません。

あとでお断りをする時など、大家さんから「先に検討しているお客様を断ってしまった。借りてくれないと困る」とクレームになりトラブルになるケースがあります。

実際にあったケースでは、先に書いた申込書を別の不動産取引の申込書に転用されていたケースもありました。実際このような姑息な手を使う 不動産会社 はどこかでお客様をも欺く可能性があります。

すぐにお金を入れないと物件がなくなりますよ

ともかく急かせます。特にお金だけを急がせる会社は要注意です。

必ずその中に自分たちの仲介手数料が含まれているはずです。要は集金を急いでるのと同じです。貸す側からすれば、先にお金を入れたかどうかはあまり関係ありません。たぶん一番多い言い訳は、「申込をしている人が複数いるので手付金を先に入れて物件を確保しましょう」と言うはずです。

順番から言えば、契約の意思があって、事業計画、資金計画、連帯保証人すべてがOKで初めて契約資金ですからお間違えの無いように。

飲食店 これで納得 「貸室申込書」 審査 の実態とは

 後から条件をあげて(変更)くる 不動産仲介会社

二つの理由が考えられます。

一つは、大家さんや管理会社の賃貸借条件が決まらないうちに募集を開始していた可能性があります。この状態で広く募集をしていたなら、明らかな宅地建物取引業法違反です。

もう一つは、大家さんが後から条件を変更する場合があります。募集をしてみたら思いのほか反響があり、気が変わると言った場合です。

 契約書の文言について質問しても納得のいく説明ができない

不動産を借りるうえで重要な部分、お金と飲食店を出す際の制約にまつわるところです。

そもそも不動産の法律用語を説明できない会社に、事業用不動産の制約や確保されるべき権利が分かっているかはなはだ疑問です。

これは、飲食店舗の設備についてもいえることです。住宅や事務所と違い、飲食店舗の場合、提供するメニューによって物件に対する要求が変わってきます。

臭気の問題や煙の問題などがその最たるものですが、ガスの容量や電気容量なども重要です。なぜ設備の話をしたかというと、そのような物件ごとの取り決めをするのが契約書だからです。

事前取り決めがちゃんと盛り込まれている契約書を作れるかまた過不足なく正確に説明できるか、そもそもこちらの要望を大家さんと交渉出来るかなど不動産会社には多くのことが要求されます。もし物件情報だけのつながりだとすれば、いずれ損をするのは借主さんです。

契約したあと電話が繋がらなくなる

結構な割合で雲隠れする不動産仲介会社や担当者が存在すると聞きます。同様に、

クレーム対応してくれなくなる

とも聞きます。事前に何度も打ち合わせをしても、考え違いや思い込みによる祖語は必ず生じます。引き渡しが終り仲介手数料を手にするとそれらの調整をやらないで逃げてしまう会社も結構います。

最初に、契約後に分かった事前説明との違いや隠れた瑕疵などが出てきた際の 仲介会社 の役回りについて、契約前によく確認されることをお薦めいたします。

知っ得 【 おとり広告 】の実態 違反広告を知る

物件情報

お店をはじめよう 業種を決める ライフスタイル 相談する 開業情報 お金

  • このエントリーをはてなブックマークに追加